たった2つの手のひらに収まるアイテムで能力は劇的に上がる

Pocket

どうも、セッキーです。

 

今日は、誰でも今すぐにできる、

手に入れることができるアイテムたった2つで

能力は格段に上がるよ。

という話をしていきたいと思います。

 

 

これは私の尊敬する人から教えてもらったことなのですが、

まぁ当たり前すぎて誰しもがスルーしているようなことです。

 

 

私も最初は、

 

「そんなこと??」

 

とびっくりしました。

 

 

 

そのアイテムとは「メモ帳とペン」

 

たったこれだけです。

 

 

当たり前にあるもの過ぎますよね。

 

 

私の尊敬するこの人は、

たったこの2つのアイテムを使うだけで

もともと引きこもりだった状態から、

今では上場企業と

取引をするような立場にまでなっています。

 

 

でですね、まずそもそもの前提として

話しておきたいことなんですが、

 

”どんなに大事なことでも人はすぐに忘れる生き物”です。

 

 

例えば、

 

友人と本気で語り合った時に、

どんな話をしていたか詳細に挙げられます?

 

付き合った彼女に告白した時に、

どんなことを言ったか一語一句言えます?

 

1ヶ月前に聞いた超良い話。って思えることを

事細かに誰かに説明できます?

 

 

覚えている人ってなかなかいないと思います。

 

 

私だってそうです、

もともと勉強も大してできなかったですし、

記憶力だって特筆すべきようなレベルでもありません。

 

 

本を読んでも、組織学とかセールスのセミナーに行っても、

勉強になるような動画をyoutubeで見ていても、

 

 

「まじ良いこと知ったわー!明日からやってみよう!」

 

 

って

その時だけ気分は超ハイテンションになって、

次の日には「なんだったっけ?」

ってなってるんですよ。

 

 

で、あとあとになって振り返っていつも思うんです、

 

 

その時間、機会…

 

無駄じゃね?

 

意味なくね?

 

って。。。

 

 

確かに経験としては

無駄にはなっていないのかもしれません。

モチベーションが上がった出来事にはなったでしょう。

 

 

でも、本読んだりセミナーや動画で学んだりする目的って、

 

”学んだことを実際の場で活かすこと”

 

ですよね?

 

 

それができてないのであれば、

わざわざ時間をかけてお金をかけて

学ぶ意味ないわけです。

 

 

本を読んで、読んだことに満足してしまう

セミナー聞いて、その場では”わかったつもり”になってしまう

動画を見て、「良いこと知ったー」と

イイ気になって終わってしまう

 

これほどまでに勿体無いことはないです。

 

 

先ほども言ったように、

私もこんな無駄なことばっかりやってました。

 

ちょっと難しい本を読んで、

難しい本を読めてる。ってことに自己満足して終わる

 

 

 

こんな本読んでる俺すごくね?

 

 

すごいと、頭いいと思い込んでる

ただの大馬鹿野郎でした。

 

 

で、そんなことばっかりやってた時に、

先ほど出てきた尊敬する人に

本の内容やらセミナーの内容やら

いろいろ質問をされたんです。

 

 

「その本どんな内容でどこがよかったの?」

 

 

私は

「めちゃめちゃ良かった」

としか言えませんでした。

 

具体的な内容を答えられなかったんです。

 

 

内容をちゃんと理解していると

勝手に思い込んでたけど、

いざ蓋を開けてみれば、

実際には何一つとして頭に入ってなかった。

 

 

こんな感じで

誇大評価している自分を思い知らされました。

 

 

この時ほど恥ずかしいと

思ったことはないくらいダサかったです。

 

 

情けなかったです。

 

 

 

私はこのときようやく

自己満で終わってたことに気づかされました。

 

 

このような私と同じような経験をしている人は

世の中わんさかいると思います。

 

むしろ経験してない人の方が少ないんじゃないか?

ってくらいです。

 

 

 

もったいないですよね。ホント。

 

 

せっかく自分にとって

メチャクチャ良い情報を手に入れたというのに、

右から左に受け流しちゃってるわけですから。

 

こんな繰り返しが積み重なってくれば

時間とお金と労力の損失はハンパないことになります。

 

無駄なことやっちゃった感で

メンタルも結構もっていかれますね。

 

 

 

じゃあどうすればいいか?

 

その答えは超絶に簡単。

 

 

 

メモを取る。ただそれだけ。

 

 

ただただ気分だけ良くなって終わり。にならないためにも、

ここで、最初に話した紙とペンが

ものすごい威力を発揮するわけです。

 

私が尊敬するその人は、

バックに常備していると言っていました。

 

勉強などをするときはもちろんですが、

誰か人と会う時にもポケットに入れて向かうそうです。

 

 

で、会って話をするときは事前に了解を得て

片っ端からメモを取ったりすることが

あると言っていました。

 

 

 

 

どうでしょう?

これ聞いてストイックだと思います?

 

でも、やってることって

ただメモを取るだけですよ。

 

 

「聞いた話絶対無駄にしたくないんで

メモ取らせてもらっても良いですか?」

 

この一言を言って書くだけです。

 

 

それに、こんな風に聞かれて

嫌な気持ちになる人はいません。

 

むしろ大歓迎でしょう。

 

私も今は上司の立場ですが、

こんな風に来られたら

 

「こいつマジで頑張りたいんだな」

 

って自分が持ってる知識をどんどん教えてあげたくなります。

 

応援してあげたくなります。

 

 

メモを取る側の人としては、

もしそこで相手から気に入ってもらえたら、

もっと秘蔵の重要な情報だって

教えてくれるかもしれないです。

 

 

・自分で振り返った時に思い出しやすくなる

・大事なことを繰り返し何度も確認できるから知識の定着が早くなる

・相手からも気に入ってもらえて、より良質な情報を得られる

 

 

ただ聞いてメモを取るだけなのに、

この威力。

 

 

リターン半端ないです。

 

時間と労力と、その後に得られる結果を考えたら

コスパ良すぎでしょ。って話です。

 

 

自分の人生を変えていける人は、こんな当たり前過ぎて

周りがやらないようなことをやるからこそ、

能力を上げることができるんですよね。

 

 

だから私も今もバックの中には、

常に紙とペンを忍ばしています。

 

 

まさに最強のアイテムです。

 

 

こんな感じで、

良いとと思ったことは積極的に取り入れて、

自分をどんどん変えにいってます。

 

要は人から良い部分をパクってるんです。

それについてはこちらで書いてます。

→オリジナルを求めると超遠回り!自分らしくなんて考えなくても自分らしさは作れる

 

 

ということで、今回は紙とペン。

たったこの2つのアイテムを使うだけで、

格段に能力は上がる。

 

という話でした。

 

他の仕事術に関してはこちらからどうぞ

→カテゴリ「仕事術」

=================

私は転職を機に180度人生を変えることができました。

働くことがこんなに楽しいと思えたことは初めてです。

 

と言っても、元々は

才能やセンスなし・人脈なし・学歴なし

こんな感じで地を這うように底辺を生きてきた人間です。

 

取り柄なんて何もありませんでした。

 

でも、そんな人間でも、自分にとってやりがいのある、

楽しい働き方、職場を選ぶことはを可能なんです。

 

「そんなの本当にできるのかよ?」

って思いますよね?

 

その気になる内容、より具体的な私の体験談はメルマガで話してます。

【下記画像をクリックしてより濃い内容を読んでみる】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です