【ドリームキラー】仕事で成長したいのにできない時は邪魔する奴がいる

Pocket

 

こんにちは、セッキーです!

 

今回は人の成長を拒む人や環境について。

 

俗に言われる”ドリームキラー”の存在について

話していきたいと思います。

 

仕事ができない。

なかなか結果が出ない。

 

こんな風に悩んでる場合は、

もしかすると気付かないうちに

成長を拒むような環境にいる可能性があります。

 

なので今回話していく内容に

自分が当てはまってないかどうかの確認のためにも

ぜひ最後まで読んでみてください。

 

ちなみに「ドリームキラーってなんぞや?」

って思うかもしれないので事前に説明すると、

 

書いて字のごとく

”夢を殺す人”のこと。

 

人が夢や目標に向けて前進するのを

妨害・邪魔したりする人のことです。

 

これを踏まえて今日は最初に1つ

実際にある「ノミの話」をしますね。

 

虫眼鏡を使わないとよく見えないような

あのノミの話です。

 

ノミって体長約2ミリ程度の生き物なんですけど、

あのメチャメチャ小さな体で、

30センチも飛べるほどのジャンプ力があるそうです。

 

単純計算で、なんと体長の150倍の跳躍力。

 

これもし一般的な人間のサイズだったら

その高さ、なんと250m飛べる計算だそうです。

 

おそるべしノミの身体能力。

 

そんなとてつもない力を備えているノミ師匠。

 

でも、

本当にちょっとしたあることをするだけで、

その跳躍力は3分の1以下にまで下げられてしまうんです。

 

それはどのような方法か?

 

それは、

コップの中にノミを入れて、上に蓋をするだけ。

 

たったこれだけです。

 

これをすると、最初は高く飛ぼうとして

蓋にぶつかっていたノミは

次第に蓋の高さ以上に飛ぼうとしなくなります。

 

諦めてしまったのでしょう。

 

この時のノミの内心は

 

「あー高く飛ぼうとしても

 あそこまでしか飛べないんだなー

 しゃーない。諦めよう…」

 

きっとこんな感じなんでしょうね。

 

自分で自分の限界を決めてしまったようなものです。

 

…と、ここまで話してくると、

ドリームキラーの存在とノミの話とが

繋がってることに感づいてるかもしれませんね。

 

この飛べなくなったノミは、

コップの上に蓋を閉められて

言ってみれば、

 

「強制的に飛べなくさせられた」

 

とも言えます。

 

本来はコップの高さの

数倍も飛べる能力を持っているのに

外からの圧力によって飛ぶ力を奪われた。

 

飛べるという情報を”書き換えられた”

という表現の方が適切かもしれませんね。

 

これは何もノミの話だけではなく

私たちの働く職場環境でも同じことが言えます。

 

・本当はもっと色々なことにチャレンジする意欲があった

・ダメもとだとしても1歩を踏み出す経験をしようと思った

・自分はまだまだ成長できると思った

 

それなのに、

今の職場、上司、親、友人知人の話を

間に受けているうちに、いつしか

自分の可能性を諦めてる自分がいる…。

 

自分のチャレンジ意欲、

可能性を後押ししてもらいたくて、

背中を押してもらいたくて相談したのに

 

「そんなことやって失敗したらどうするの?」

「本当にそれでいいと思ってるの?」

「あなただとそれは難しいと思うなぁ」

「そこまでやったって無駄だよ」

「もうちょっと現実見た方がいいよ」

「そんなこといいから〇〇しなさい」

「そんな考えじゃ甘い」

 

こんな風に跳ね返されてしまった。

 

そしてこんなことが何回も繰り返されているうちに

だんだんと何かに意欲的に取り組むことも少なくなって

 

「あぁー。結局俺はこんなものか…」

 

と自ら見切りをつけてしまう。

 

私が思うに、このような出来事って

誰しもが1度や2度は経験してることなんじゃないかと思います。

 

こんな感じで今話してきたように、

人の可能性や目標へチャレンジすることを

妨害・阻止しようとしてくる人が

ドリームキラーと呼ばれる人達です。

 

先ほどのノミの話で言えばコップの蓋の役割。

 

「あなたはここまでしか飛べないんだよ」

 

と言ってみれば”洗脳”させるような存在です。

 

で、このドリームキラーの存在って本当に厄介。

 

相手はそもそも

自分自身がドリームキリング(夢や目標達成を拒むこと)

をしていることに気がついてない人がほとんどなんです。

 

「あなたのために」

 

とか言ってきたりします。

 

でも、その人の意識の裏側にあるのは

 

・このままだと私から離れていっちゃうかも…

・私よりも上の存在になっちゃったら…

 

こんな感じで、

今の状況から変化するのを恐れています。

 

要は

 

「私のためにあなたは変わらないで!

ってか変わらせないから!」

 

と無意識の中で必死に足を引っ張ろうとするんです。

 

はぁ…

メチャメチャ面倒な存在ですよね。

 

確かに自分の身近にいる人たちの存在は

大切にすべきだと私も思います。

 

ですが、今あげたようなドリームキラーとは

ハッキリと自分との間に境界線を引くべきです。

 

「誰のために生きてるのか?」

「誰のために働いてるのか?」と。

 

どんなに親身になって

アドバイスをしてくれる人だとしても

最終的には他人。

 

自分の代わりになって

自分の人生を生きてくれる人なんで

この世に誰1人として存在しません。

 

最後の最後は自分で自分を信じるしかないんです。

 

でもですね。

 

それでも1人で物事を考えるとなると

誰かにアドバイスを求めたくなる時だって正直ありますよね?

 

仕事・転職についてなんかは

今後の人生を左右することにも繋がってきます。

 

なので、誰にも打ち明けられないとなると確かに辛い時もあります。

 

私も引きこもり中・期間工になる時・今の営業職に着く時。

 

こういった帰路に立たされた時には

不安で不安で仕方なかったので、

その気持ちはよくわかります。

 

じゃあ、そんな時にはどうすればいいか?

 

それはもう

「自分のことを打ち明ける”人を変える”」

 

これに尽きます。

 

たとえ上司であろうとそれは会社での関係。

 

立場が上になればなるほど

会社という組織への帰属意識は強いものです。

 

そんな人に自分の働き方・仕事・転職について

相談したところで、上司の立場からしたら

止めようとするのが当たり前です。

 

仕事だけじゃなくて、他の存在では

今まで続けてきた仕事を変えようとする行為を

必死に止めようとする親だっています。

 

でも、もう一回言いますけど、

その人たちが私たちの人生を

代わりにやってくれるなんてことは

どんなに足掻こうが不可能なんです。

 

だから、そもそも

そんなドリームキラーの人たちに

アドバイスを求めてはいけません。

 

・客観的な視点でアドバイスをくれる人

・肯定的、建設的に話を聞いて背中を押してくれる人

 

何か相談したいのであれば

こういった人”だけ”に話しましょう。

 

ちなみにノミの話に戻りますが、

飛べなくなったノミでも簡単なあることをするだけで

元の高さまで飛べるようになります。

 

その方法は

「元々の高さまでジャンプできるノミと

一緒の環境に居させること」です。

 

諦めている自分と同じようなノミなのに、

なぜかコップの数倍も飛べる。

 

「もしかしたら俺ってもっと飛べるんじゃね?」

 

って飛んでみたら、

いとも簡単にコップから飛び出せた。

 

このノミの話と全く同じで、

本来相談すべきなのは

 

自分の思い描く道筋、

 

“目標を達成することに向けて

現時点でどうすればいいか?

を一緒になって考えてくれる人“

 

そしてその目標とかを

自分よりも一足先に

達成しているような人たちです。

 

別の記事で話してます。

→結局は誰から学ぶか・教わるか次第で理想の働き方や未来は得られる

 

 

 

それ以外の意見を言ってくる人なんかは

完全に無視していいとすら思います。

 

相手も善意から言ってくれてることもあるので、

そこは一旦聞き入れます程度でOK。

 

右から左へスルーして、

本当に必要なアドバイス、

情報だけ留めることが大事です。

 

それでもドリームキラーの攻撃に

嫌気がさしているのであれば、

部署移動・転職などに踏み切る方がいいですね。

 

なので、もし自分の周りを見渡してみて、

今回話したようなドリームキラーがいる場合は、

自分の能力に限界を決めてしまっている可能性があります。

 

そこで改めて自分のことを客観的に見直すこと。

 

その中で、もしかすると

 

”本当はもっと伸ばせるのに今の環境だから

伸ばさないようにしていた力”

 

が見えてくるかもしれませんね。

 

 

今回のドリームキラーについての話は

動画でも話してるので、見てみてください


ということで、今回の話の中で大事なことは、

 

・自分の本当の気持ちや考えを伝える人は

ちゃんと見極めて決めること。

 

・ドリームキラーに潰されないように

不必要な情報は受け流すこと。

 

・自分の能力はまだまだ上げられるんだ。

と、自分の可能性を否定しないこと。

 

こういった部分が仕事をする上では

とても大事だよ。って話でした。

 

 

他にも転職についていろいろ話してます。

こちらからどうぞ!

→カテゴリ「転職」

=================

私は転職を機に180度人生を変えることができました。

働くことがこんなに楽しいと思えたことは初めてです。

 

と言っても、元々は

才能やセンスなし・人脈なし・学歴なし

こんな感じで地を這うように底辺を生きてきた人間です。

 

取り柄なんて何もありませんでした。

 

でも、そんな人間でも、自分にとってやりがいのある、

楽しい働き方、職場を選ぶことはを可能なんです。

 

「そんなの本当にできるのかよ?」

って思いますよね?

 

その気になる内容、より具体的な私の体験談はメルマガで話してます。

【下記画像をクリックしてより濃い内容を読んでみる】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です