転職に学歴フィルターは関係ない?20代低学歴の人の転職成功への戦略

Pocket

こんにちは、セッキーです。

 

今回は転職活動における”学歴”について。

 

「転職でも学歴フィルターってあるんじゃ?」

なんて疑問・不安がある人も多いと思います。

 

なので、高卒・引きこもり・期間工。

と、はっきり言ってダメダメだったにも関わらず

転職することができた私が

 

「転職を考えてるけど

高卒・Fラン大卒で学歴なんてものはないし…」

 

と悩める20代が転職に成功するために

必要な考え方を紹介していきたいと思います。

 

ちゃんとした戦略を組めば、

将来の自分らしい仕事、やりがい。

安心できる収入。などなど

自分が実現したい働き方を得られるようになりますよ!

 

私も低学歴(高卒)の転職経験者です

 

そもそも「お前誰なんだよ?」って思うと思うので、

ざっくりとですが私の経歴を話すと

 

・全くもってアピールできるようなものがない高卒

・最初に就職したのは特定派遣で工場勤務

・最初の転職はブラック企業

・ブラック企業で潰れて仕事をバックレる

・その後引きこもり

・お金がなくなり期間工の仕事を始める

・自分の将来が怖くなり転職を決意

・中小企業ですがなんとか転職に成功

・仕事で結果を出してマネージャーへ

 

とこんな感じで結構浮き沈みの激しい20代を過ごしてきました。

 

 

最初は周りと比べて学歴がないから

本当に自分に自信なんてなかったし

周りの目を気にしてばかりで全然行動力なかったし

 

 

「なんのために俺っているんだろ…」

 

なんてことをしょっちゅう思ってました。

 

 

20代の前半の頃は自分について、

自分の人生、将来について本当に悩んでましたね。

 

希望なんてこれっぽっちもなく、

不安100%の毎日でした。

 

 

ただそんな苦痛の毎日も

転職を機に180度変わることができています。

 

人にも恵まれ、

日々の成長が手に取るように感じられて、

結果もついてきました。

 

 

やっぱり底辺のような生活から転職してよかったです。

 

 

そしてこれからまだまだ自分のスキルとか

人間性とか高めて、

もっともっとカッコいい大人になりたいと思っています。

 

 

ただ、当時は危機感に迫られての転職だったので

はっきり言って転職戦略もクソもありません。

 

学歴だって履歴書に書いたからと言って

なんのアピールもないような高卒。

 

でも未来の自分のためには動かなきゃいけない。

 

そして、たまたま受かった企業が自分に合う会社だった。

ってだけです。

 

 

なので、もし当時転職をしようと動いていた自分が

今のような知識があれば、

また違った転職活動をしていたと思います。

 

 

そこで

 

学歴フィルターが心配・不安だった当時の私に

今の私だったらなんてアドバイスするか?

 

転職成功に向けてどう動けばいいのか?

どう考えればいいのか?

 

紹介していきたいと思います。

 

転職に学歴フィルターは関係ない!その理由

 

まずそもそもとして転職の場合と新卒の場合では

採用についての基準は全く異なってくるってのは

大前提で考えておくべきです。

 

というのも、

例えば新卒の場合は、そもそも社会人経験が全くない、

あったとしてもインターンとかアルバイト程度。

 

なのでその人がどんな能力があって

会社の中でどのような働き方ができるのか?

なんて未知数に近いです。

 

 

ってことは、採用する側としても

基準になるような実績やスキルの情報がないんです。

 

 

じゃあ何で判断するの?

って場合にわかりやすい指標として「学歴」を見るわけです。

 

これは第二新卒についても近いことが言えて、

社会人経験が少ない分まだまだ学歴の要素は

少なからず見られることがあります。

 

 

ただ、それでも新卒で全くの未経験。というよりは

多少なりとも数年の社会人経験があるわけで、

最低限の社会人マナーが身についてるかどうか?

 

こういった要素は必要です。

 

 

しかし、第二新卒以降の転職となると話は別。

 

 

求められるのはこれまでの企業で勤めてきた中での

経験やスキル。

 

企業側だって学歴なんて

仕事と必ずしもイコールにならないような

曖昧な指標なんかよりも

実際の現場でどれだけできるか?

 

これらわかった方が当然働くイメージが湧くものです。

 

なので学歴なんて関係ない!と言い切れるほど

転職は新卒とは見られる部分は変わってくるんです。

 

転職に学歴フィルターは関係ないが戦略が必要

 

転職の採用に関しては学歴フィルターはそんなに多くない。

もしくは全く関係ない企業もある。

 

それはわかった。

 

でも、かといって社会人になってからのスキルや経験も全くないんだが…

 

→はい。これは私もそうでした。

最初に書いた通りに、社会人経験と言えるようなもの、

自分をアピールできる強みや能力。

 

 

そんなものはなかったです。

 

 

ただ、そのような状況にあったとしても

当然ですが転職戦略を考えることは絶対です。

 

 

というか、これからは誰しもが転職ありきで

仕事を考えなければならなくなります。

 

というのも…

 

現実的に考えてもこれからは転職は当たり前の時代

 

学歴も、スキルも経験もない。

そのような人だろうとどんな人でも、

これからは

 

”現実的に考えても転職ありきで考える”必要があります。

 

というのも、これまでの時代、

私たちの親世代までの時代であれば、

まだ”終身雇用”という時代でした。

 

 

企業が守ってくれる。

 

 

そんな風に一生懸命に1つの企業で

定年まで勤め上げることが一つのステータスだったわけです。

 

 

ですが、これからの時代を考えていくと

 

・定年制度

・企業の生存率

 

この2つの視点で考えると、間違いなく多くの人が

転職が必要となってくると私は考えてます。

 

というか現に転職は当たり前の時代に入ってますけどね。

 

定年制度を考えると転職は”したくなる”

 

まずは定年制度。

 

先日「70歳まで定年引き上げ」の話が発表されました。

 

もうすでに誰もが分かり切ってるように、

超高齢化、少子化になる日本が国の税収入とか財源だけで

今後の高齢者の年金を負担なんてできるわけがないです。

 

だから

「まだまだ働ける奴は働け!」

ってなって、

 

定年制度の今後は75歳。

もっと言えば80歳になる可能性だって

あながち嘘とは言い切れなくなるかもしれません。

 

 

20代の人であればあと50年。

下手すりゃ60年ですよ?

 

 

そんな時間の中で

1つの仕事だけを続けられるんでしょうか?

 

私は絶対無理ですね。

 

企業の生存率から考えても転職は必要不可欠になる

 

もう一点の「企業の生存率」

 

ちなみに企業の生存率とは、

開業した企業が1年・5年・10年・30年後に

どれだけ残ってるかの数字です。

 

この数字、

色々なデータによってばらつきがあるんですけど、

高く見積もっても

”30年後には企業の半分しか残ってない”可能性が高いんです。

 

 

データによっては30年後には7割の会社が倒産してる。

なんて数値もあります。

 

 

ってことは

今20代の人の多くは転職を”しなければならない”

 

なんて可能性が十分に考えられるわけです。

 

心のどこかでは

 

 

「もしかしたら会社がなんとか…」

 

 

なんて思うかもしれませんが、

会社が個人を守ってくれる時代は

もうとっくに終わってるんですよね。

 

 

なので、

 

・定年制度

・企業の生存率

 

この2つの視点から考えても

転職ありきの働き方は必須なんです。

 

 

ただ、そうは言っても、学歴もない

スキルも経験もまだまだこれから。

 

そんな20代の場合は、

今回の転職においては少し違った位置付けを

考えると、今後より良い仕事に就ける可能性はぐっと高まります。

 

その位置付けについて、

転職戦略について紹介しますね。

 

20代で学歴もスキルも実績もないなら次の転職を見据えた転職を

 

もうこれは結論から言っちゃいますが、

学歴もない、スキルも実績もない。って人であれば

今回の転職はあくまでその次。

 

一つ先の転職で自分の求める理想の待遇や

環境を実現するための機会にすることです。

 

 

なので、今回の転職では、

まず次の企業に求められるようなスキルや経験を積むための働き方をすること。

 

そしてその次の転職で、

よりステップアップした企業へチャレンジする。

 

こうすることでいきなり高いハードルを越えようとしても

粉砕してしまう可能性は一気に下げられます。

 

 

一つずつ段階を経ていく感じです。

 

転職に学歴フィルターは関係ないが、高学歴・高スペックの人と同じ戦い方をしてはいけない

 

いくら転職は学歴フィルターは関係ない!

と言っても新卒時の採用基準で関わってくるので、

根本的なスタートラインは違っています。

 

 

警察とか官僚とかだと

「キャリア組」と「ノンキャリア組」

みたいに別れたりしますよね。

 

私たちの親世代が現役である今はまだ

このような考え方をしている企業は実際にあります。

 

採用基準などの目に見えるものではなく、

職場環境の中で。ってことです。

 

 

だた、はっきり言って

学歴でスタートラインが違ったとしても

最終的には高い能力を身につけたもん勝ち。

 

実際の現場で結果を出して、

少し言葉が悪いですが「周りを黙らせる」くらいの存在になれば

いつ何時、どこででも

絶対に生き残っていくことはできるようになります。

 

 

私も低学歴の低スペックなので、

この点を認めて受け入れているからこそ

今はこうして実績と経験・スキルを伸ばして

 

”いつでもどこでも求められるような存在になる”

 

このことは常に考えています。

 

 

最近では、別業界の人たちなどにお会いすると

 

「うちの会社でどう?」

 

なんてお声をかけていただけるようになりました。

 

 

「よしよし!着実にステップアップしてるな!」

って自分でも思います。

 

 

なので話を戻すと、私のような低学歴低スペックでも

理想の働き方を実現したいのであれば、

先を見据えた転職を。

 

段階を踏んでステップアップするための転職をしていくことが大事なんです。

 

 

ちなみに、学歴についてだけでなく、

転職しようとする時に多くの人が考える「資格」についての記事も書きました。

 

資格以上に重要な”考え方”について書いてるので、

かなりいい情報になるかと思います。

→転職したいけど資格なし。そんな20代が絶対に知っておくべき2つのこと

 

 

ということで今回は

転職活動における学歴フィルターについて。

 

20代の転職でも学歴フィルターなんて

戦略をちゃんと組めば乗り越えられる。

 

転職は成功できる!

 

と言った話をしました。

 

 

そのほかの転職関連の情報はこちらからどうぞ

→カテゴリ「転職」

=================

私は転職を機に180度人生を変えることができました。

働くことがこんなに楽しいと思えたことは初めてです。

 

と言っても、元々は

才能やセンスなし・人脈なし・学歴なし

こんな感じで地を這うように底辺を生きてきた人間です。

 

取り柄なんて何もありませんでした。

 

でも、そんな人間でも、自分にとってやりがいのある、

楽しい働き方、職場を選ぶことはを可能なんです。

 

「そんなの本当にできるのかよ?」

って思いますよね?

 

その気になる内容、より具体的な私の体験談はメルマガで話してます。

【下記画像をクリックしてより濃い内容を読んでみる】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です