引き寄せの法則をやめたら人生変わったから転職して成功できた

Pocket

こんにちはセッキーです。

 

今日は私が引きこもっていた頃にちょうど流行りだした

”引き寄せの法則”なるものについて話していきたいと思います。

 

 

もうかれこれ10年も前の話ですが、

私はブラック企業で働いていて、

精神的に潰れてしまい引きこもっていた時期がありました。

 

詳しくはこちらの記事で話してます。

→人生初の転職はブラック企業

 

 

当時は、人生何もかも終わったと思ってしまっていて、

何の希望も見いだせず、ただただ時間が過ぎるばかり。

 

昼夜逆転で外にもほとんど出なかったので、

卑屈な意識はどんどん強まるばかりでした。

 

起きて食って、テレビ見て、携帯いじって、

気がついたら時間が経ってるからまた寝る。

 

こんな感じの毎日です。

 

まぁ今となっては依存心が強かったとか、

本気になって生きてなかったとか。

 

そういうことはわかるんですが、

当時はとにかく何も考えられなかったです。

 

 

そんな時に、携帯でネットサーフィンしてたら、

ある一つのキーワードが目に入ってきました。

 

 

 

引き寄せの法則

 

 

 

なんじゃこりゃ?って思ったので、

早速その中身を調べてみると、

 

引き寄せの法則とは

「自分が頭の中で考えていることが、現実にも起こる=引き寄せられる」

みたいなことが書いてある。

 

波動が何ちゃらとか粒子が云々とか量子力学がどーのこーのとか。

 

まぁまとめれば

 

 

「自分が思ってることが現実に起こるよ」

 

 

みたいなことだった。

 

 

 

 

この引きこもってる現実は自分で引き寄せた…だと?

 

本音を言うと、一瞬マジでムカついた。

 

こんなこと自分から求めてるわけねーだろ。って。

 

だからその反骨神的に、

 

お金稼ぎたいし

モテたいし

すごいって言われたいし

超楽しく生きたいし

 

なら、こうやって思えば引き寄せられるだろ。

 

って思って部屋の中でメチャメチャ思い続けてました。

 

 

引き寄せの法則の流行とともに当時ちょうど流行りだした

 

「ザ・シークレット」

っていう引き寄せの法則関連の映画があって、

その日本語訳版がYoutubeにもあったので、

それも見ながら切に願い続けた。

 

 

 

だって、「何でも引き寄せられます」とか言うんだもん。

 

 

 

「お金がどんどん貯まる」

「超絶美女が俺のことを好きになる」

 

 

みんな手に入る…

 

望みが叶う…

 

 

 

 

・・・うぅぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!

 

 

 

って部屋の中でやってました。

 

で、その結果どうなったか?

 

 

 

…はい。

 

何も変わりません。

 

 

当然郵便ポストに札束の封筒が現れるわけありませんし、

超絶美女が私の部屋をいきなりノックすることもありませんでした。

 

 

アホです。

 

マジアホです。

 

アホ過ぎます。

 

 

そもそもとして、部屋の中でそんなこと願ったって

何も起こることなんてありえない話なのに、

 

あたかも起こるかのように思い込んでる時点で終わってます。

 

 

自分からは引き寄せに行かないのに、

引き寄せられると思っている。

 

この頃の私の頭の中を読み取ってみると、

要は、私は完全に依存心で生きてました。

 

 

 

誰かがいつかは助けてくれるはず…

何か大きな出来事が起こってくれたら…

 

 

こんな感じ。

 

ひどいですね。

 

イタい人でしたよマジで。

 

 

私自身のこの経験、

今だからこそ言えるのですが、

何かを得たいなら、何かを変えたいなら、

何よりも大事なことは

 

 

 

”主体性を持つこと”

 

 

 

これなんですよ。

 

これしかないんですよ。

 

 

冷静になって考えれば当たり前のことですよね。

 

 

周りがどうとか、誰かに選んでもらうとか、

 

 

そんな風にやってたら

自分の人生を自分の思い描くように

進めて行くことなんて、まず無理です。

 

当時の私はそんなことすらわからずにいました。

 

だから毎日が苦しかったんです。

 

 

でも、そうやって周りの人や環境に依存していれば、

言い訳ができます。

 

「だって〇〇が…」

 

こんな言葉は、

小さい子が喧嘩して怒られた時期でもう終わりです。

 

それを20代にもなって言い続けて自分の責任から逃げている。

 

 

振り返ると、ホント情けない奴でしたね私。

 

 

私の場合は、その後に所持金がなくなったり

親戚の口うるさい説教が嫌になったりで、

引きこもりの時期は終了しました。

 

でもこの時点で、ちゃんと自分の意思で

どうやって生きるかを決めていれば、

もっとできることはあったはずです。

 

これが引きこもってない一般の人であれば尚更。

 

ちゃんと自分で考えて、人のせいにせずに

自分自身で選択していく。

 

 

主体性=自分人生の責任はちゃんと自分で背負おうね。

ってことです。

 

 

 

私が主体性の重要さに気づいたのは社会復帰した後でした。

 

早い遅いは抜きにして、

この考えに気づけたのは本当に良かったと感じてます。

 

主体性を持って生きることを意識し始めてからは

「引き寄せの法則」なるものの考え方は葬りました。

 

こんな依存心バリバリになって、

言い訳して人のせいにしている人生なんか糞くらいだ

 

引き寄せるとかどーでもいいから、

自分の力で手にしてやる。

 

 

こうやって主体性を強めてきました。

 

 

その結果として、

主体性を持てるようになったからこそ、

私は転職して今こうしてある程度の役職で仕事ができたり、

プライベートな時間も充実できるようになりました。

 

なので私の経験からも言えるのは、

 

 

”主体性を持って「行動」をすること”

 

 

これがとっても大事だと思っています。

 

自分が得たいもの、実現したい状態を考えて、

それと今の自分とのギャップを考える。

 

で、どうやってやればそれが叶うのかを

調べたり、考えたりして探し出す。

 

あとはそれを行動に移す

 

人生変えるのはたったこれだけです。

 

それを「引き寄せの法則」とかいう

キャッチーなネーミングにしただけのこと。

 

なので、よくよく考えれば引き寄せの法則って、

至極真っ当なことを、ただただ言ってるだけなんですよね。

 

得たいなら自分の意思で選択した行動をする。

だから得られる=結果として「引き寄せた状態」になる

 

そんな当たり前のことを、

粒子だの波動だの、宇宙が何ちゃらだの

逆にややこしくしてるだけだったんです。

 

 

なので、今回の話をまとめとして

大事なことなので改めて言いますが、

人生変わりたいなら

 

 

 

主体性を持って行動すること

 

 

 

まずは

「意識的にだろうと無意識でだろうと

全て自分で選んでいることだ」

 

という自覚をするところから始めるだけで、

人生なんていくらでも変えることができるんです。

 

 

ちなみに、

主体性を持つことで自分の人生や目標は達成できるということを

書かれてる本があったのでまとめてみました。

書評「達成する人の法則 仕事と思うな、人生と思え」仕事で結果が出ない人は頑張る”方法”を間違えてるだけ

 

 

そんな感じで、今回は私が経験した

「引き寄せの法則」なるものについて話しました。

 

こちらの動画では、引き寄せの話だけじゃなくて

自己啓発系全体について思うことを話してみました。


他にも後悔はたくさんあるんですけど、

それについてはこっちでも話してます。

→たった10分が圧倒的な差になる。私がマジで後悔している期間工時代のこと

 

ではでは。

=================

私は転職を機に180度人生を変えることができました。

働くことがこんなに楽しいと思えたことは初めてです。

 

と言っても、元々は

才能やセンスなし・人脈なし・学歴なし

こんな感じで地を這うように底辺を生きてきた人間です。

 

取り柄なんて何もありませんでした。

 

でも、そんな人間でも、自分にとってやりがいのある、

楽しい働き方、職場を選ぶことはを可能なんです。

 

「そんなの本当にできるのかよ?」

って思いますよね?

 

その気になる内容、より具体的な私の体験談はメルマガで話してます。

【下記画像をクリックしてより濃い内容を読んでみる】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です