田舎で実家住みは経済的にも楽だから…。いやいや、可能性を捨てちゃアカンですよ。

Pocket

 

どうも、セッキーです。

 

今日は「やっぱり一人暮らしっていいなー」

ってことをふと思ったので、

社会人の“実家暮らし”と“一人暮らし”の違い

などについて話していこうと思います。

 

 

 

最近では男性でも

実家で生活しながら仕事に行ってる。

って人増えてきましたよね。

 

私も高卒で就職した最初の頃や、

引きこもりから社会復帰し始め頃。

 

日雇い派遣の最初のうちは

実家で生活しながら仕事に通ってました。

 

実家に暮らしていれば

家賃が浮くとか、

親が飯作ってくれるとか、

何かと経済的にも楽です。

 

事実、高卒最初の会社では

月の給料が10万円代前半でした。

 

 

なので、やっぱり実家にいることで

助かってた部分は多かったです。

 

 

それに元々から住んでる家、

自分の部屋なので、なんだかんだ落ち着くと言うか

居心地がいいというか。

 

 

生活関連の余計なプレッシャーを感じなくて

 

 

「やっぱ自分の部屋が1番楽だわー」

 

 

なんて確かに私も思ってましたね。

 

 

 

ただ、一人暮らしも経験してみて思うんです。

 

 

実家で生活した方が

経済的にも精神的にも楽だと思っていた俺は。

井の中の蛙だったんだ。って。

 

 

見てる世界狭すぎじゃん。って

 

 

というのも、

当たり前ですが、実家から出て生活すると、

やっぱり自立心が勝手に芽生えてくるし、

 

炊事・掃除・洗濯と一通りの生活を全て自分でやることで、

人として一回りもふた回りも成長するんですよね。

 

 

 

自分の力で生活する

 

 

これ些細なことと思われがちですが、

結構大きいです。

 

 

実家住みだと何かと物事に対して消極的になる人多いです。

 

逃げ腰と言えばいいかな。

 

 

何事に対して逃げ回っても、

なんだかんだ衣食住は保たれてるわけですから。

 

 

マザコンだ。親のすねかじりだ

ってイメージを持たれてしまうのも

正直致し方ないのかな?って思います。

 

 

依存できる環境があれば、

やっぱり人は簡単に流されていきます。

 

それに、実家で生活していると、

なんだかんだ親の生活サイクルに

合わせなければならない面も多いです。

 

 

自分が風呂に入ろうと思ったら親が入ってる。

 

洗濯回そうとしたらちょうど親が洗濯していた。

 

 

トイレが1個しかない家ならトイレのタイミングだってそう。

 

 

「腹痛い〜トイレトイレ…

うううぅぅぅぅぉぉぉぉおおおお”〜〜〜

親父ぃ〜〜…早く出てくれぇぇぇ…」

 

「あぁー汗ベトベトだわ。。。

さっさと風呂入って早く寝なきゃ…

ってお袋入ってんのかーい!」

 

 

私もこんな経験何度もしましたw

 

 

自分の生活リズム。って誰にもあるじゃないですか。

 

 

それが崩れるのって結構ストレスなんですよね。

 

 

 

あ!

 

もっと大事なことがありました。

 

”彼女と過ごす時間”です。

 

彼女が家に来るときに、親がいる家に行くってなると

結構気を遣わせてしまうんです。

 

 

これが付き合って日が浅いうちなら尚更。

 

そこまで関係も深まっていないうちから

いきなり親にあいさつをする。

 

 

これって、挨拶する側からしたら

かなりのプレッシャーですよ。

 

 

だから女性に余計な負担かけないためにも

一人暮らしした方が絶対いいです。

 

 

実家住みだったら彼女と家でゴニョゴニョ。

とかも変に気遣っちゃいますしねw

 

 

ちなみに、「実家暮らしの男性をどう思うか?」

ってアンケートをとってるファッション誌や

週刊誌は結構あるんですが、

 

どこのアンケートを見ても、

だいたい7割〜9割くらいの女性が

実家暮らしは、

 

 

「生活能力低そう」

「同棲・結婚したら家事やってくれなそう」

「マザコン・親離れできてなさそう」

「逆になぜ社会人にもなって一人暮らししていないのか?」

「親に甘えすぎ」

「親のすねかじり」

「実家ではずっと子供役をしているわけでしょ?」

 

 

とかなり厳しめの意見が飛び交ってます。

 

 

なので、実家生活で、

仕事もプライベートもなんか吹っ切れない。

って場合は、この際一人暮らしを考えてみるといいです。

 

 

っとなって、いざ一人暮らしを考え始めるとなると、

ここで1つ大きな問題が浮かび上がってきます。

 

 

 

経済面についてです。

 

 

「給料が低い。だからこうして実家で節約しているんだ」と。

 

私もこう思う気持ちはすごくよくわかります。

 

ない袖は触れない

先立つものがなければ無理

 

確かにそうだと思います。

 

ですがその反面でこうも思います。

 

節約に関してあれこれ調べて考えて

やりくりする力があるのであれば、

逆に増やすことも考えられるんじゃないか?と。

 

この考えについてはこっちの記事でも話してます。

 

節約をして泥沼にハマっていく期間工

→給料を上げたいなら労働時間で考えてはいけない理由

 

で、給料を増やす方法といっても色々考えられます。

 

その中でも多くの人は

 

資格を取る

給料の高いの仕事に転職する

副業する

 

この3つを考えます。

 

副業に関して言えば

期間工時代の職場の周りの人は

よく投資系とかの話ししてましたね。

 

 

でも、ない袖は触れませんから

投資系で収入を増やす選択はまず無理です。

 

投資についての私の考えはこっちでも書いてます。

 

→FXよりもビットコインよりも最強だと思う投資案件

 

で、資格を取るって考えは

そもそも転職について考えている場合がほとんどですので、

この2つはセットとして考えてみましょう。

 

転職を考えた上で、考えた場合、

私のように頭が良くなく、何も知識・スキル・経験がない場合は

肉体労働系の仕事の資格を考える人が少なくないです。

 

 

大型免許だ、フォークリフトだ・溶接だ。と。

 

 

でも、こういった免許を必要とする仕事って、

労働時間に対して

給料が見合ってない仕事が多いんですよね。

 

 

毎日10時間以上もトラック運転し続けて

ようやく30万円行かない程度。

 

 

こんな話はザラです。

 

 

体壊したらもうアウトです。

 

 

今回の話のテーマである

一人暮らしをするために転職を考えて

そのための資格を。

と考えたら、もう意味ないですよね。

 

 

それで、こうなると、

”結局俺には無理なんだ”

 

って諦めてしまう。

 

 

故に、親のすねかじりだ、甘えだ。と言われても

仕方ないけど実家に住むしかない。

 

ん〜。

 

これは、

負のスパイラルって感じで辛いですね。

 

 

となると別の資格も考えるわけですが、

 

英語の資格?

ワード・エクセルのスキル?

パソコンのスキル?

 

んなもん俺には無理ムリ!

 

ってなりますよね。

 

私が日雇い派遣や期間工で働いていた時の

周りの人も、こういった人がたくさんいました。

 

話していても

 

「この人間違いなく仕事できる人なのに、

こんなところじゃなくて、

もっといいところで仕事できると思うんだけどなぁ…」

 

 

なんて人ばかりでした。

 

せっかくポテンシャルを秘めているのに

すごくもったいない。

 

 

 

そこでですよ。

 

 

それであれば、私の考えとしては、

 

例えば、実家が地方で給料が低いために実家住み。

って人だったら、

 

あえて私は都心での仕事をすることをオススメします。

 

今まで底辺だった私が可能だったのですから、

都心で働いて生活を良くしていくチャンスは

誰にでもあると言えます。

 

というのも、

ここ最近の記事でマーケティングについての話をしているので、

その例でいうと、

 

先日紹介した転職エージェントの会社「逸材は君だ」では、

どこの企業でも必要とされる人材になるための研修をやってます。

 

マーケティングって言葉だけだと

何やら難しく感じてしまうと思いますが

 

誰でも1から始めて身につけられるスキルであり、

利益を上げたいどの会社も喉から手が出るほど欲しい知識です。

 

その研修が「逸材は君だ」では

オンライン上で学べたりするんですね。

 

 

 

地方に住んでいて都心の仕事を考えているけど、

都心の仕事で求められるスキルを身につけるためには、

わざわざ遠くまで出向いて学ばなければならない。

 

こんな状況にいる人には最高の環境が用意されてます。

 

というか、この情報を20代のうちから知れるなんて

正直羨ましいですw

 

マーケティングってのは、例えば

 

飛び込み営業とかで

月100万円の売り上げを出す人を10人雇うくらいなら

 

1人でインターネットを使って売り上げを1000万円出せる人。

 

この人1人を雇った方が会社にとっては

利益はメチャメチャ大きですよね。

 

10人の給料が25万円だとして、人件費250万円

 

それだったら、1人で利益を出せる人に100万円払ったって

会社にとってはまだまだプラスの収益です。

 

こんな人材になれたら、

まず間違いなくどこからも声がかかります。

 

こういった売り上げを伸ばすための仕組み=マーケティングの

知識を学べちゃったりするわけです。

 

そうすれば、都心での一人暮らしだって

全然夢物語じゃなくなります。

 

これ結構現実的に考えても

やれば誰だってできるようになります。

 

そしたら、都会で仕事をするのですから

当然いろいろな人との出会いも増えますね。

 

実家暮らしってだけで拒否反応されてた人が

家を出て都心で生活してるってだけで

女性のストライクゾーンに入っちゃったりもするわけですよ。

 

自分の家には親なんかいませんから、

時間も何も気にせず二人で楽しい時間を過ごせます。

 

実家暮らしで「毎日つまんねー」って思ってるような人でも

こんな風になれるってわかったら

めちゃめちゃワクワクですね。

 

私が20代だったら、免許だの英語だの考えずに

絶対こういったスキルの勉強をします。

 

だって英語だの免許だのって他の人も同じこと考えてますから

もともと何も能力のない私よりもレベルが上の人がいたら

まず私は採用されませんから。

 

だったら企業が喉から手が出るほど欲しい知識で

尚且つまだまだ学んでる人が少ないマーケティングを

最優先でやった方が生き残れます。

 

そしたら都心部での一人暮らしだって経済的にも余裕です。

 

都心部にいれば出会いって意味だけじゃなく

田舎と違っていろんな価値ある情報にだって

毎日のように触れられます。

 

私も先日新宿で

様々な職業の方が集まる交流会に参加してきましたが、

下は20歳、上は40代の人。

なんて幅広い人が集まる会でした。

 

それぞれの世代の価値観などにも触れられましたし、

上場企業で働く人や、設立したてのベンチャー企業で働く人。

 

個人店で働く人などいろいろな情報に触れられて

またこの情報を持ち帰って仕事に役立てられそうです。

 

これも都心部ならではの経験ですね。

 

必然的に成長スピードハンパないです。

 

楽しいことだらけです。

 

実家暮らししかしたことないのに

 

「いや、実家住みの方がいいから」

 

みたいな卑屈な考えも一切持たなくて済みますね。

 

ちなみに

転職エージェント会社「株式会社逸材は君だ」の

代表の酒井さんとお会いして来た記事はこちらです

→転職エージェント会社の社長とお会いしてきました!

 

 

 

ということで、今回の話をまとめると

 

・実家住みだと楽だと思いきや何かと不便なことも多い

・実家住みだと女性から相手にされなくなる

・一人暮らしをするのであれば、資格云々よりもマーケティング

・都心部で一人暮らしができれば、得られるものは超多い

 

ってとこですね。

 

やっぱり1度は都心部で働いてみたほうが絶対いいですし、

そのためにも実家から一回出て、自分で生活してみたほうが

得られるメリットはたくさんあります。

 

=================

私は転職を機に180度人生を変えることができました。

働くことがこんなに楽しいと思えたことは初めてです。

 

と言っても、元々は

才能やセンスなし・人脈なし・学歴なし

こんな感じで地を這うように底辺を生きてきた人間です。

 

取り柄なんて何もありませんでした。

 

でも、そんな人間でも、自分にとってやりがいのある、

楽しい働き方、職場を選ぶことはを可能なんです。

 

「そんなの本当にできるのかよ?」

って思いますよね?

 

その気になる内容、より具体的な私の体験談はメルマガで話してます。

【下記画像をクリックしてより濃い内容を読んでみる】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です