転職・退職を決意するタイミングとは?経験者の本音を調査してみた結果…【体験談】

Pocket

こんにちは、セッキーです。

 

今日のテーマは「転職・退職を決意したタイミング」について。

 

 

今働いてる会社の中で

 

「本当にこのままでいいんだろうか?」と不安に思ったりとか

「これ以上ここでは働けない…」と潰れてしまいそうな時。

 

そんな押しつぶされそうな思いに駆られている人にとっては

間違いなく勇気付けられる内容になると思います。

 

 

というのも、今回も私の話だけではなく

実際に転職を経験した方々の体験談を集めた内容になってます。

 

 

ちなみに私も転職経験者として言えることは、

1つの企業に居続けるよりも、はるかに見える世界は広がりました。

 

何というか、ポンコツだと思ってた自分でも

まだまだ可能性は広いんだな。って感じたんです。

 

自分が見てた狭い範囲から飛びたしたことで

働き方や生活スタイル、生き方の選択肢がグッと広がりました、マジで。

 

 

あとは単純に男女様々な出会いの数も増えましたしw

 

 

環境を変えるって、いざ動き出そうと考え始めると

やっぱり怖いものなんですが、

実際動いてみるとその不安も幻想だったな。と思いますね。

 

 

ってことで私の話ばかりではなく、

今回も先人の経験者の方々の体験談を紹介していきます。

 

内容に関しては2点

 

・転職しようと決意した理由、動機は何だったのか?

(きっかけとなった出来事やその時の気持ちの面など)

 

・転職経験者として、退職や転職のベストなタイミングとはいつなのか?

 

この点について紹介していきます。

 

退職・転職しようと決意した理由・動機、どのようなタイミングだったのか?

 

早速ですが、体験談を紹介していきます。

 

大学の友人が、他社でどんどんと大きな仕事を任されてキャリアを積んでいる中、最初の会社に5年勤めて、事務作業くらいしか仕事をさせてもらえず、この会社この仕事のままでは、キャリアが積めないと感じて、30歳前に転職を決意したことが転職のきっかけです。

 

たまさん 転職時27歳

 

月の残業が100時間近くなった時に辞めようと決意しました。前の職場は常に忙しく、平日の残業はもちろん、休日出勤も頻繁にあり、なかなか休める状態ではありませんでした。また上長も部下のことを全く管理できておらず、状況を改善しようともしてくれなかったことがきつかったです。

 

OJIさん 転職時24歳

 

誰にでもできる仕事、という考えが生まれて初めて自分にしかできない仕事をしたいと感じ始めたことがきっかけです。元々若いうちに可能な限りたくさんの職を経験して将来の道を決めていきたい、と考えていたのが大きいかもしれません。

 

マッハさん 転職時24歳

 

仕事を全然しない、仕事が全然できない会社のお荷物のような専務の息子が同じ職場に勤務していました。自分より学歴の高い人間を徹底的にパワハラ・いじめを繰り返し、私もそれに巻き込まれて神経症を患いメンタルクリニック通い。結局身体が言うことを聞かず、知人社長が「うちの会社を手伝ってくれ」と言われてお世話になりました。

 

山内さん 転職時28歳

 

大学を出たけれど希望した企業には入れず、仕方なく入社した会社の仕事は、狙った会社の昼食時に訪問のアポを取っておき食道の片隅で商品を紹介し注文を獲得する仕事でした。入社後の研修時から私には合わない上、将来性がないと感じていましたので常に不満を持って働いていました。それで入社1年を待たず、大卒時希望していた企業のライバル会社の中途採用試験を受けて合格し転職に成功しました。

 

ですがさん 転職時24歳

 

社内全体の酷すぎる人間関係と、会社の給料の安さ、そして保険制度が全然しっかりしていない適当さに物凄く嫌気がさしてきてしまい、両親に内緒で勝手に自己判断を決めて、正社員で入った会社を数年で辞めました。

 

ゆきさん 転職時25歳

 

こうして見てみると、個々人によってポジティブ・ネガティブ両方の理由で様々ですね。

 

 

ただ、私が思うにどの人にも当てはまる共通点は1つだけあります。

 

それは、

「未来の自分のためには、今いるべき職場はここではない」

と転職を経験された全ての方が思われていることです。

 

 

20代のうちの転職ですから、

初めて、多くても2回目の転職の人がほとんどだと思います。

 

そりゃこれまで働いてきた環境の慣れや人間関係など

後ろ髪を引かれるような気持ちにもなるでしょう。

 

それに、これまでの職場から世に飛び出していく不安も大きいと思います。

 

 

 

ですが、未来の自分のためには決断すべきところを

なぁなぁにしてしまっては本末転倒。

 

 

経験者の方々も、たとえ不安だとしても勇気を出して自分のために1歩を踏み出されたんですね。

 

経験者として、転職・退職を決意するベストなタイミングとはいつなのか?

 

転職のベストなタイミングは思い立った時だと思います。私は最初の会社に5年間勤めましたが、3年目から転職を考えていましたが、なかなか重い腰を上げられずくすぶっていました。転職した会社では営業として大きな仕事を任せていただき転職して本当に良かったです。でも、もっと早く決断したら、早くこの現状に行きつけたわけですから、思い立った時に転職するのが一番だと思います。

 

たまさん 転職時27歳

 

私個人としては、その職場でもうこれ以上やっていけないと思ったときにすぐ行動した方が良いと思います。これ以上我慢しても自分のメンタル状態等にもよくないです。あとはなかなか年を取ってからだと転職も厳しくなると思うので、決意したらすぐ行動するのが良いと思います。

 

OJIさん 転職時24歳

 

考えた時が転機だと思います。何か不満がないと転職を考えることもしないと思うためです。一度考え始めると友人や家族に相談して参考にすることもあると思うので、周りの意見を周りの意見を聞いてから考え直すのもいいかもしれません。

 

マッハさん 転職時24歳

 

自分の体や心が完全に壊れてしまう前に転職・退職することを強くおすすめします。じっと耐え忍んで手遅れになる前に。同級生でもひどいうつ病やパニック障害に陥った男性が数名います。今となっては身をもって言えます、健康が第一であると。

 

山内さん 転職時28歳

 

転職にベストな時は、正に会社が安定していたり、仕事業務があまりない時期、つまり人手が足りてる時に辞めるのが、一番会社に迷惑がかからなくて、無理やり引き止められずすんなりと綺麗に辞められるので、非常にお勧めです。

 

ゆきさん 転職時25歳

 

経験者の方々の話、私もすんごいよくわかります。

 

 

私が思うに転職を考え始めたってことは、

その職場に対して何かしら離れたい理由が出てる証拠。

 

だから、今日明日で「はい辞めます!」

と言うわけではないにせよ

何かしらの対策を始めるべきなんですよね。

 

 

それは転職先を探したり、

実際に応募したりするような転職活動だけじゃありません。

 

 

今の職場でだってできることはたくさんあります。

 

 

これについて詳しくはこちらで書いてます。

→考え方一つで働き方は180度変わる!転職活動は今の職場からすでに始まっている。

 

今よりも待遇や環境がいい企業へ転職を成功させるために

今の職場で少しでも実績を積む。

 

 

こういった視点を持って働けば、

今までの働き方とは見え方もモチベーションも全く違うものになります。

 

それが、かえって今の職場でより良いポジションで働けたりもするんですよね。

 

 

今回答えていただいた方々の話を聞いていて私が思うのは、

とにかく”まず決断すること”

 

 

何も決めもしないうちから、

 

辞めたら云々とか

今の職場が云々とか

将来が云々とか

 

こういったこと考えていること自体無駄なことです。

 

 

 

だって何も決めてないことで悩んでるんですから。。

 

 

 

だからまず決めないと何事も始まらない。

 

 

ゆえに今までと同じ毎日の繰り返しの中で

常にモヤモヤしたまま過ごすようになるんだと思います。

 

転職を決意するタイミングとは?経験者の本音を調査してみたまとめ

 

まとめというか、ここで少し私の話をすると

私の場合は、退職を決意したというよりも、

体自体動けなくなってしまっての退職でした。

 

 

というのもブラック企業で働いてたからです。

 

詳しくはプロフィールで話してます。

→プロフィール

 

 

私のように心身ともにボロボロになったりする前に

環境を変えた方が当然、絶対にいいです。

 

 

 

じゃないと自分自身壊れちゃいます。

 

私の場合は…

 

毎日罵声浴びせられたし

帰宅は終電だし

起きるのは朝5時だし

仕事の終わりが見えなくて毎日不安だったし

 

仕事早く終わった日があったとしても、

行きたくもないパチンコに連れてかれて

代わりに打たされて、

その後居酒屋に行けば結局お金払わなきゃだし…

(先輩社員に「金貸して」って飲み代よく払わされてたなぁ…)

 

 

 

当時は社会のしゃの字も知らないような人間だったから

「これが働くってことなんだ」

とか言い聞かせてたけど、んなアホなっ!って話ですよ。

 

 

 

今となってはこんな奴らと仕事する意味なんてないって思うし、

だったら早く見切りつけて次のことを考えちゃった方が

潰れる前に物事は進んでいたと思います。

 

 

 

ただ、結果的には動けなくなったけど、

その会社に一生飼い殺し状態にならなくて良かったとも思います。

 

 

今はこうして当時とは180度違うような生活を送れてるんですから。

 

 

それまでには、今書いたようにブラック企業、

そして引きこもった挙句期間工と、少し遠回りをしました。

 

 

でもその環境にいる人たちを見てきて

 

 

「こんな奴らに絶対なりたくない!

俺は俺の人生を自分で掴みに行くんだ!」

 

 

そうやって1歩1歩進んできたからこそ

視野の狭かった世界がめちゃくちゃ広がりました。

 

 

あ〜。こんな俺でもまだまだ可能性あるんだなあ〜。

こんな俺でも必要とされる環境ってあるんだなぁ〜。と。

 

 

 

それに単純に出会いとかも増えました。

 

 

1つの工場とかの中だけで何十年も働いてたら

まず自然な出会いとか皆無です。

 

50代で結婚もせずに2交代勤務で体酷使して、

その疲れの癒しにパチンコとかスナック通いに

現実逃避してるオッサンとか普通にいますからね。

 

 

 

私はそんな風になりたくないです。

 

 

 

あと、異性だけじゃなく男性も含めて、

常に新しい人との出会いって、

本当にいい刺激になるんですよね。

 

 

以前にお会いした人なんか19歳で個人事業主で

バリバリ仕事こなしてる人とかいましたもん。

 

この人が携わっている人の幅の広さ、

その経験から滲み出る落ち着いた雰囲気。

 

 

年下の方ですけど、めっちゃ刺激になります。

めっちゃ学びになります。

 

 

 

 

だから先ほども書いたように、

何かを変えたいと思うのなら「変える!」と決める。

 

職場の環境に嫌気がさしているなら、

まず「転職する」と決めちゃうこと。

 

 

「決める」

 

 

これは誰でもできることです。

 

具体的な話はそれからじゃないと何も進みません。

 

 

それに何かを決めることは、

それだけでも物事の見え方とか自分の気持ちとか一気に変わります。

 

 

ハッキリいってやってみた人じゃないと実感できないです。

実体験からもそれだけで人生変わり始めるって言いきれます。

 

 

環境を変えれば、仕事ができるorできない

なんてコロッと変わったりするものですからね。

 

 

と言うことで今回は、

実際に経験した方々に回答いただいた

”転職を決意するタイミング”

について話してきました。

 

 

こちらの記事も参考にどうぞ。

→【退職体験談】タイミングは?理由の説明は?転職前の精神的な不安や注意点をまとめてみた

=================

私は転職を機に180度人生を変えることができました。

働くことがこんなに楽しいと思えたことは初めてです。

 

と言っても、元々は

才能やセンスなし・人脈なし・学歴なし

こんな感じで地を這うように底辺を生きてきた人間です。

 

取り柄なんて何もありませんでした。

 

でも、そんな人間でも、自分にとってやりがいのある、

楽しい働き方、職場を選ぶことはを可能なんです。

 

「そんなの本当にできるのかよ?」

って思いますよね?

 

その気になる内容、より具体的な私の体験談はメルマガで話してます。

【下記画像をクリックしてより濃い内容を読んでみる】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です