第10章 好循環で収入がどんどんアップ。そして自分だけでなく、人を成長させる立場へ

Pocket

どーも、セッキーです。

前回は転職後の私の

初めてお申し込みをいただいた話まで紹介してきました。

 

今回は、人生どん底を経験し、社会の底辺だったような私が、

仕事に喜びを感じ、

希望を見出せるようにまでなることができた経緯について

話をしていきたいと思います。

 

 

前回まではこちら

1章 周りに流され・周りの目を気にしていた学生時代

2章 高卒後の就職先で待っていた収入の現実

3章 人生初の転職はブラック企業

第4章 115時間労働で起こる体の異変

第5章 一般社会から逃げた引きこもり時代

第6章 社会復帰は日雇い労働者から

第7章 期間工・期間従業員として新たな生活のスタート

第8章 安定した生活を求めて、ようやく転職に成功

第9章 転職・そして挫折を経て得られた1件のお申し込み

 

好循環のスパイラル

 

保険代理店に転職し、

毎日必死に仕事に勉強に励んでいた中

ついに私は初めて、

お客様からのお申し込みをいただくことができました。

 

自分の成長のために努力してきたことで

得られたこの1件。

 

この成約がなにより私の自信となり、

その後は次第に申し込み件数もどんどん増えていきました。

 

 

 

時には1人目の申し込みの手続きが終わって、

その次のコンタクトで2人目の申し込みの手続き。

 

なんてこともあります。

 

この時期は私にとって初めて

 

 

「仕事をしている充実感」

「仕事に夢中になれている」

「仕事が楽しい」

 

 

 

と感じられるような日々でした。

 

 

それだけでなく、自分のこれまでの行動が

目に見える成果となって現れることほど嬉しいものはないですね。

 

 

私はどんどん好循環のスパイラルに入っていきました。

 

 

すると、その翌月の月初め。

前月の業績のランキングを見て自分の目を疑いました。

 

 

 

なんと、私の月間の売り上げが、

100名程いる私の部署の営業マンの中で、

第5位に入ってしまったのです!

 

 

 

完全に予想外の出来事。

 

まさかこんなことが怒るなんて

全く予想なんてできませんでした。

 

 

とにかく自分を変えたくて、

自分の人生を変えたくて

目の前のことを必死にやってきただけだったのに、

それがトップ5。

 

 

 

学生時代から何一つとして

「ランクイン」なんてしたことなかった私、

勉強の順位だって下から数えた方が早いような私が、

 

上から数えた方が早い順位。

 

むしろ、ランキングトップの人と同じ画面内に

私の名前が表示されている。

 

 

 

まぁびっくりしましたね。

 

 

この喜び、達成感は順位についてだけではありません。

 

 

営業の醍醐味、

 

”インセンティブ”です。

 

 

この月は給料面でも

通常の給料の23万円にインセンティブが

10万円以上もプラスされ、

35万円ほどにもなりました。

 

 

 

この金額は期間従業員で働いていた月の給料すら上回ります。

 

 

 

しかも休日出勤とか毎日2時間残業とかそんなことしてません。

 

以前のブラック企業のように

1日15時間労働。

なんてことももちろんないです。

 

 

何が言いたいのかと言うと、要は、

 

 

”労働時間=収入”

 

 

ではなかったということです。

 

 

私のこれまでの知識、価値観の中では

 

「働いた”時間”で給料を計算する」

 

というのが基本の考え方でした。

 

 

でも、

そんな私の今までの考え方は

この時一瞬にして吹っ飛びました。

 

 

具体的に言えば、

 

”働いた時間”

 

ではなく、

 

 

 

”自分が出した結果=いかにお客さんに価値提供できたか”

 

 

これで収入は上げられる。

ということを身をもって実感できたということです。

 

 

いやー。

この時の正直な気持ちは

 

「今月は残業◯時間やったから、

だいたい◯万円は残業代ついて…

とか今まで何やってたん自分???」

 

って感じでしたね。

 

 

成長が成功を呼び、さらなるチャレンジでどんどん成長する

 

 

努力の結果が形となってどんどん現れてくる日々を過ごしていくと、

自分を成長させることに対する充実感、達成感、

そして喜びを感じるようになりました。

 

 

学んだことを実際の行動にしてみる。

それが結果になって表れる

だからどんどん意欲が増す。

さらに学んで実践する

結果になる

どんどん成長・充実した生活になる

新しいことにもチャレンジするようになる

刺激的・新鮮な経験が多いから世界観もどんどん広がる

日々の仕事にも活かせる

より大きな仕事にもチャレンジできる

 

こんな感じです。

 

 

 

これまでは、

生活費を稼ぐために働いていた”仕事”というものが、

今度は、

 

”自分の成長のために仕事をする”

 

という考え方にシフトチェンジしていったんです。

 

 

 

期間工ループが…

とか考えてた不安なんでもうどっか吹っ飛んで行きましたね。

 

 

 

 

正直そんなこと、もうどーでもいいです。

 

 

 

色々な人がよく言われている

「自身から確信に変わった」

という感覚はこういうことなのか。

と実感していった日々でもありました。

 

 

 

そして日々の充実は仕事にも好影響を及ぼし、

日に日に業績も良くなっていきます。

 

 

お客さんからの電話を、別の社員が受けて、

 

「セッキーさんとお話しして色々とお願いしたいんですが、いますか?」

 

なんて逆に連絡をいただくは頻繁にあります。

 

 

 

このような出来事1つ1つが、

本当に今まででは考えられないようなことだったんですよ。

 

 

「セッキーさんと話がしたい」

 

 

鼻の下が伸びるような感じですね。笑

 

もちろん大事なお客様ですから、

とことん相談、提案させていただきました。

 

 

このような機会がどんどん増えて来たので、

プレーヤー(営業マン)としての役職もトントン上がっていき、

 

初めて成約を得られたあの日から、わずか3ヶ月で、

私は20人ほどいる部署のトッププレーヤーになりました。

 

 

 

すると、次のステップとして自分の仕事だけでなく

同じチームの他の社員の指導も任されるようになります。

 

 

 

これがまた好循環を生み出す原動力になるんです。

 

 

 

誰かに教えることで、

より自分自身の知識の定着化が進みますし、

 

 

どのように教えれば相手に伝わるのか?

 

 

このトークスキルもさらに向上していきます。

(相手に伝わる。イメージさせる伝え方は

社員への指導だけでなくお客様との

コミュニケーション力アップにも繋がるんです)

 

 

責任感も強くなっていきますし、

教えるという立場にいる以上、

より様々な知識を得ようと勉強にも一層力が入ります。

 

こうして他の社員を指導していくことで、

私自身の業績もさらに上向き、給料は40万円前後が常になりました。

 

 

 

この時まだ25歳。

 

私は世の中の10歳以上も年齢が上の人たちの平均収入と

同じくらいの給料を得られるようになっていました。

 

 

そんな私にはまた新たな意思が芽生えてきます。

 

営業マンからマネージャーへ

 

他の社員への指導の経験が積み重なっていくと、

私の意識の中には

 

「自分の成果だけでなく、

自分以外の人たちの成長・成果につながることに貢献したい」

 

という気持ちが日増しに大きくなっていきました。

 

 

 

自分のことだけを考えれば、

もうこの時点で、

 

 

・日を増すごとに成長を実感できて

・収入もどんどん上がって

・毎日が充実した日々を送れて

 

 

と十分に満ち足りた状態を実現できるようになっています。

 

 

 

 

でも、まだまだ自分を伸ばしたい。

 

 

 

 

私の中には、

表面的なプライドや見せかけの自信ではなく、

どっしりと地に足がついている状態での

自分に対する自信がありました。

 

 

 

そこで、私は一営業マンから、

チームのマネジメントをしたりまとめる立場、

マネージャーになることを決めます。

 

 

 

私の会社は、この時すでに

400人程の従業員がいたと言えど、

責任者などの人員配置などが

まだまだ不足しているほど成長段階の会社でした。

 

なので、私がマネージャーになることを上司に相談すると

 

 

「そう言ってくれるのは本当に助かる!

セッキーなら現場での実績もしっかり積み重ねてるし、

もうすでにチームのメンバーにも教えたりしてるし。

 

だからあとは管理系の業務だけ覚えれば

すぐにでもチームをまとめられるよ!」

 

 

私からお願いをする以上に

すでに上司はそれを待っていたかのようでした。

 

 

ただ、上司のこの言葉を聞いたとき

私には不思議な感覚がありました。

 

 

 

「今の俺ってこんなに人から求められる存在だったんだ…」

 

 

 

自分で自分のことを思っているよりも、

周りの人から見たら

遥かに必要とされている存在になっていたのです。

 

 

正直これにはいまいち実感がなかったです。

 

 

 

俺が、人から求められる存在

 

 

 

 

こうして、

社会の底を這いつくばっていたような私は、

人をまとめ、人の成長に貢献し、人に喜びを与える。

人の上に立つという新たなステップへと進み始めました。

 

 

続きはこちら

11章 現在の私の状況と、これまでの人生を踏まえて思うこと

=================

私は転職を機に180度人生を変えることができました。

働くことがこんなに楽しいと思えたことは初めてです。

 

と言っても、元々は

才能やセンスなし・人脈なし・学歴なし

こんな感じで地を這うように底辺を生きてきた人間です。

 

取り柄なんて何もありませんでした。

 

でも、そんな人間でも、自分にとってやりがいのある、

楽しい働き方、職場を選ぶことはを可能なんです。

 

「そんなの本当にできるのかよ?」

って思いますよね?

 

その気になる内容、より具体的な私の体験談はメルマガで話してます。

【下記画像をクリックしてより濃い内容を読んでみる】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です