転職未経験。初めての転職の不安解消のために知っておくべき3つの情報

Pocket

 

どうも、セッキーです。

 

今回は、転職を機に未経験の仕事がしたいけど不安。

 

そんな時はどうすればいいのか?

といった感じの話をしたいと思います。

 

今日はメンタル的な部分の話です。

 

ただ、具体的な情報を自分の中で整理することで

精神的な部分でも乗り越えていけるように紹介していきますね。

 

私も未経験の不安な中で転職しました

 

最初に少し私の話をすると、

私も全くの未経験の仕事に転職したことがあって、

その当時はかなり不安も大きかったです。

 

「本当にやっていけるんだろうか?」

「もし合わない職場環境だったらどうしよう。。。」

 

「ってかそもそも未経験なのに採用してもらえるんだろうか…?」

 

あれこれ先々のことを考えれば考えるほど

ネガティブな感情が先走って、

なかなか現状を変えることができなかったっていうのも正直なところ。

 

何しろ社会人経験も乏しく、

あまり人との関わりも少ない工場での仕事でしたので、

全くの無知の状態で転職へと踏み切る流れになりました。

 

なので今思えば、もっともっと転職戦略を組んで、

しっかりと考えややるべきことを整理した上で

転職活動してればよかったと思います。

 

ただ、そうは言っても、

全く何も変わらずにただただ目の前の製品を

眺めている毎日から抜け出したことで、

生活は一変して充実した生活を送れるようになりました。

 

色々な人との繋がりの中でコミュニケーション力は上がりましたし、

職場の周りの人たちのサポートを得られて

仕事の結果にも結びつけられるようにもなりました。

 

肉体を酷使していた立ち仕事からオフィスワークに変わったことで

体力的な面でもかなり楽になり、

仕事以外のプライベートの時間も有効に使えるようになりましたし。

 

とにかく転職活動時や転職時は不安でいっぱいでしたが、

実際に転職してしまえば、なんてことはなく、

仕事や環境に慣れるために自然と必死になって行動することができましたね。

 

そこで、全くの未経験の仕事に転職する際には

どのようなことを考えておくべきなのかを

ここからは話していきたいと思います。

 

未経験の転職で不安な人が知るべき情報①なぜ未経験の求人募集があるのか?

 

まずは企業側の考えとして

なぜ「未経験OK」のような求人があるのかを考えてみます。

 

もともと専門的なスキルを持った人の方が

即戦力として計算できる可能性が高いのに、

なぜ未経験の人材も募集をするのか?

 

確かにそうですよね。

 

新卒ならまだしも、

転職=中途採用の求人であればなおさらの話です。

 

じゃあなぜそれでも未経験OKと募集をかけるのか?

 

その企業側の思惑としては、

”本来なら自社で能力を発揮できそうな

ポテンシャルを秘めた人材を見つけ出せる間口を広げたい”

という考えがあるからです。

 

この場合、専門的な仕事の求人であれば

40代50代といった年齢層の人たちは募集をすることはなく、

その多くが20代から30代前半の募集がメインです。

 

実際に働いていく中で仕事を覚え、

能力を上げて企業に貢献していくこと。

 

目先よりも、数ヶ月、数年先まで見越した上で

その人の成長性に期待をして採用をするわけです。

 

なので、企業としては能力や経験以上にその人の人間性。

 

姿勢のようなものですね。

 

素直に話を聞けて、

言われたことをちゃんと行動に移せるか?

能力を高めるために自ら努力することができるか?

 

こういったところを採用側は見ています。

 

だから、

 

「未経験なのに採用してもらえるのか…?」

 

という不安は、

「未経験だからこそ一つ一つ吸収して会社に貢献していくこと」

かえってここがアピールポイントになるんです。

 

逆に経験者だからといって

前職での考え方や働き方の癖がついてしまって、

新しい環境でもその名残の中で仕事をしてしまう人も少なくありません。

 

それが新しい企業で活かせるようなものであれば、

もちろん貢献度も高いんですが、

変なプライドが先走ってうまくいかない。

なんてケースがあるんです。

 

会社側からしたら、能力はあっても職場に適応できない人は

輪を乱す存在になりかねませんから正直厄介です。

 

そんな人たちを採用するくらいなら、

まだ何も知識や経験がなくとも、

自社に適応できる素直さを持った人材の方がいいです。

 

仕事は後でも教えられますが、

人間性、素性を変えるのは大変ですからね。

 

なので、未経験でも可能な募集をしている場合は、

とにかく自分自身がその企業に

適応する意思があることをアピールする必要があるんです。

 

私の場合も全くの異業種、異業界の仕事だったので、

まっさらな状態で、

「余計なプライドもなく、しっかり努力してこの会社に適応していく姿勢」

のようなものをアピールしました。

 

未経験の転職で不安な人が知るべき情報②未経験の転職といっても種類がある

 

一言で「未経験」といっても

場合によっては前職との繋がりのあるケースがあります。

 

なので、細分化すると3つの種類に分けることができます。

 

・同業種への転職(業界変更)

・同業界への転職(業種変更)

・全くの未経験の仕事への転職

 

この3つの中で自分が考えている転職は

どの種類に当てはまるのかをまず認識することで、

具体的に今の自分が何を不安に感じているのか?

どんな対策をしていくべきなのか?が明確になります。

 

同業種への転職(業界変更)

 

この場合はこれまでの働き方と同じような働き方で

業界を変える転職についてです。

 

例えば事務作業から同じ事務作業だけど、

物流の業界からIT系へ。とか

 

営業職なら営業職だけど

自動車関係の業界から金融業界へ。など

 

この場合はすでにスキルを持っている状態なので、

特に注意すべきは「環境適応性」です。

 

例えば私が働いたことがある電材系の業界(ブラックでしたが…)では

とにかく体育系で縦社会。

 

YESマンでいることが必要とされていました。

 

しかし、全く別の業界である保険業界の営業の場合は、

どちらかというと、自ら考え行動。

 

自分で効率や手法を考え出したりして上司に相談しフィードバックをもらう。

 

そして積極的に実践する。

 

そのような姿勢が求められる環境でした。

 

なので同じ職種だったとしても、

働き方は全く別物になったりします。

 

自分のこれまでの経験は活かしつつも、

早くその業界や企業の雰囲気に適応していく姿勢が求められます。

 

同業界への転職(業種変更)

 

同業種への転職というのは、

例えば金融業界の中でも事務職から営業。

 

IT系でも

エンジニアからマーケティング職などいったケース。

 

同じ業界でも業種を変えるこのケースでは、

やはりいかに仕事を覚えるかが重要。

 

なので、転職前からスキルについては

自ら磨いておく必要があります。

 

今のうちから空き時間にいかにスキルを磨けるか?

 

これは面接時などにもアピールポイントになるので、

本気で転職を考えているのであれば必須ですね。

 

業界の流れや空気感を知っている分、

仕事内容については全く別物になるので、

いち早く業務をこなしていけるよう

前段階の準備が鍵と言えます。

 

全く未経験の仕事への転職

 

上記2点では、前職とは何かしらの関わりのある仕事への転職でしたが、

全くの未経験の仕事へ。となると話は別。

 

思い切って環境を変えてチャンスを手にする機会と言えます。

 

特に、20代のうちではこれまで働いてきた経験や知識がそこまで多くないわけで、

全くの未経験へのチャレンジになることは必然的に多くなると思います。

 

となると考えておくべきことは、

とにかく目的の明確化。

 

・なんで転職しようと思ったの?

・なんでこの業界なの?

・なんでこの職種なの?

・なんでうちの会社を選んだの?

 

経験者とはアピールする点が異なってくるので、

上記の部分は特に明確にしておく必要があります。

 

それと、この場合は例えば40代50代になってくると、

はっきりいって採用される間口は一気に狭き門になります。

 

全くのスキルも経験もない中年世代の人たちが

よくタクシーの運転手やトラックの運転手、

交通整備のガードマンだったり。

 

あとは単調作業の工場の仕事しか選べない。

なんて状況は数多く目にする場面があるでしょう。

 

それだけ年齢を重ねた上での未経験への転職は

現実的にハードルが高くなっていくんです。

 

「もうこんな歳だし、今更…」

 

なんて気持ちになってしまうのも無理もないですよね。。。

 

転職って生活の多くの時間を費やす場所を変えることですから、

歳をとって価値観が凝り固まってしまってからだと

合わせていくのも本当に大変です。

 

だから、チャレンジをするのであればできる限り年齢が若いうち。

 

採用側としても将来性を見込んだ判断をするような

20代のうちに未経験の業界・業種へと考えるのがベストなんです。

 

やりたいことがある。

やりたいことはまだわからないけど、

このままでいいのか不安。

 

このどちらにおいても、新たなチャレンンジは早い段階で進めていくこと。

 

そしてその中で、自分が今後どうなりたいのか?

どんな生活をしたいのか?

 

を常に考えながら1人の人間としての軸を定めていく。

 

そして30代、40代50代以降になった時には

過去の経験や実績を生かした転職ができるようにしていくことが

今後数十年働いてく中での生き残る術になります。

 

未経験の転職で不安な人が知るべき情報③転職戦略

 

ここまで私自身の経験や

なぜ未経験の募集があるのか?

未経験の仕事といっても種類がある。

といった話をしてきました。

 

ではその上で、具体的に転職を成功させるためにはどうすればいいのか?

 

能力や経験もない状態で今後生き残っていくためにはどういった働き方をすればいいのか?

 

この点については、別の記事でさらに詳しく書きました。

 

以前の私のように

資格も経験も実績もない。

 

さらに言えば学歴だって全くない。

 

そんな状態からでも考えておくべき戦略です。

→転職したいけど資格なし。そんな20代が絶対に知っておくべき2つのこと

 

→転職に学歴フィルターは関係ない?20代低学歴の人の転職成功への戦略

 

また、今後の時代の変化に対応していくためには

転職を前提とした働き方は必須になってきます。

 

その際の”考え方”について、

めちゃくちゃ参考になる書籍があるので

そのレビュー記事も書きました。

 

この思考法を頭に入れておけば、

今後食いっぱぐれることのない仕事選びを

することができるようになります。

→【転職の思考法】感想。これだけ中身が濃ければ1万円以上も価値があると思う

 

とにかく未経験の状態であれば

今後先々を見通した事前の戦略が必要となるので、

読んでおいて損はない内容だと思います。

 

ということで今回は

転職未経験の不安について、

転職市場の現状や転職戦略について紹介しました。

 

=================

私は転職を機に180度人生を変えることができました。

働くことがこんなに楽しいと思えたことは初めてです。

 

と言っても、元々は

才能やセンスなし・人脈なし・学歴なし

こんな感じで地を這うように底辺を生きてきた人間です。

 

取り柄なんて何もありませんでした。

 

でも、そんな人間でも、自分にとってやりがいのある、

楽しい働き方、職場を選ぶことはを可能なんです。

 

「そんなの本当にできるのかよ?」

って思いますよね?

 

その気になる内容、より具体的な私の体験談はメルマガで話してます。

【下記画像をクリックしてより濃い内容を読んでみる】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です