私が20代でブラック企業に転職して失敗した理由

Pocket

 

どうも、セッキーです!

 

今日は、

私が20代でブラック企業に転職して失敗した経験を踏まえて

「なぜ失敗したのか?」を自分なりに考えてみたので、

シェアしていこうと思います。

 

ちなみに、ブラック企業で働いた内容は

こちらでも書いてます。

→人生初の転職はブラック企業

→1日15時間労働で起こる体の異変

 

 

今回の内容を踏まえて、

理想の転職先を見つけてもらえたら嬉しいです。

 

 

では早速初めていきます。

 

 

 

改めて、まずそもそもですが、

私は高卒で就職し工場で働いていました。

 

で、その後に知人の紹介で転職をすることになったのですが、

その転職先がまさかのブラック企業。

 

仕事の辛さ・人間関係に疲れ果ててうつ状態になり、

その後は引きこもりを経験した身です。

 

 

 

でですね、本題の「なぜ転職に失敗したのか?」を考えてみると

大きく分けて5つ。

 

・勧められるがままに決めてしまった

・会社や業界のことをよく調べなかった

・転職先での目的がなかった・作らなかった

・心の内側で感じている不安や疑問を軽視していた

・相談できる人を作らなかった

 

このようなことが出てきました。

 

これから詳しく話していきますが、

中には当たり前に思うこともあるかもしれません。

 

ただ、「こんな感じで進めていくとヤバイよ」

ってのがわかってもらえたらと思うのと、

 

現に「こんな感じで決めちゃう奴が実際いるんだよ」

ってのを知っておいた方がいいと思うので、

ありのままお伝えしていきます。

 

 

ではでは、各項目ごとに一つずつ説明していきますね。

 

 

ブラック企業に転職して失敗した理由①転職先を勧められるがままに決めてしまった

 

私の場合は知人の紹介を通じて転職先が決まっていったのですが、

 

とにかく流されるがままに転職先を決めてしまいました。

 

綺麗な花には棘がある

甘い話には罠がある

 

こんな例えがありますが、

まさにこのことを実感しました。

 

この会社を紹介してくれた人は社長と知り合いだったそうで、

その繋がりから私を紹介してくれました。

 

でもそもそもを考えると、私のことを事細かに知っているわけはなかったんですよね。

 

確かに数年来の知り合いでしたし、私の倍以上の年齢の人だったので、

色々と親しくさせてもらってはいました。

 

でも、私の心の内側で感じていることや私の考え、

 

本音を全て話していたかといえばそれは嘘になります。

 

そのような人に、専門家でもない視点から転職を提案されたところで、

本当に自分自身にとって良い選択なのかどうかなんてわかるわけがありません。

 

なのにも関わらず、当時の私は

 

「せっかくの紹介を断ってしまったら…」

 

なんて余計なことを考えて決めてしまったんです。

 

勧められるがまま、流されるがままに転職を決めてしまった。

 

これは本当に私の失敗の大きな要素だと思います。

 

ハッキリ言うと

 

”流されること”

”流れに乗ること”

 

これは以て非なるもの。

 

・人に流されるがままに選ぶのか?

 

・自分の意思で、自分の選択でその道・流れに乗る。と決めるのか?

 

まったくもって本質は別物です。

 

私は流されていました。

 

これをおろそかにした結果が引きこもりです。

 

ブラック企業に転職して失敗した理由②転職先の会社や業界のことをよく調べなかった

 

もともと「転職をしたら…」と考え始めた理由は、

当時の給料があまりにも安いと感じたからでした。

 

なので、その現状から抜け出せればどこでもよかった。

 

というのが当時の本音です。

 

なので、紹介された時に

 

「今の仕事だと給料安いんじゃないか?

仕事変えればお前の年齢でも給料結構もらえるようになるぞ」

 

みたいな提案。

ただそれだけに食いついてしまった感が否めません。

 

だから、

営業の仕事だろうと、電材業界の仕事だろうと

なーーーんにも事前知識がなく、

かといって具体的に調べるわけでもなく。

 

パパパッと話を進めてしまった。

といった感じでした。

 

当たり前のことですが、

やはり事前に調べられることは

自主的に動いて収集しないとですよね。

 

その会社の風土だけでなく、

その業界全体を通しても

集まる人柄の傾向は現れてきます。

 

例えば、私が転職した電材業界は

完全に体育会系で

縦社会の意識が強く、

上のものには100%迎合。

 

今では間違いなく問題になるであろう

パワハラや時には殴られる。

といったケースも

当時は起こっている業界でした。

 

自分がその会社で

やっていけるかどうかは

仕事の内容以上に

人間関係の要素が大きいです。

 

どんなに大変な課題であろうと、

同期・同僚・先輩・上司、

みんながお互いにモチベーションを

高め合いチャレンジしていく。

 

こういった職場環境であれば

”やりがい”というものは

勝手に築かれていきます。

 

今ではこうしてインターネットで

様々な情報に触れられるのですから、

 

「自分の都合の良いところだから」

と安易に選んで欲しくないなぁ。

と思います。

 

この辺は自分に素直に、

ある意味わがままになるくらいに

選択していっていいと思いました。

 

ブラック企業に転職して失敗した理由③転職先での目的がなかった・作らなかった

 

なんとなくの理由で転職した私には

当然新しい会社・仕事・環境での目的はありませんでした。

 

最近では「自分のやりたいことがわからない」と

思っている人も多いので、その気持ちはよくわかります。

 

ですが、

それでも現状で居続けるのか?

それとも何かを変えたいと思うのか?

 

もし後者なのであれば、目的を持つことはすごく重要です。

 

ちなみに、

やりたいこと・目的を見つけられる人も

確かにいるとは思いますが、

 

私のように「見つからない」

という人の場合は、

 

“探そうとする”のではなく、

“作ってしまう”

 

この方が間違いなく近道です。

 

私はやりたいことや目的は

見つからなくても全然OKだと思っています。

 

なので、もし見つからなくて探そうとするくらいなら、

自分から作ってしまった方が断然楽。

 

別に1つのやりたいことだけに

人生をかけなきゃいけないわけではないし、

 

自分からやりたいことを作って、

やってみて、違ったらまた別のことをやればいい。

 

人生の修正なんていくらでもできます。

 

20代なら特に。

 

だから、転職先を探す・選ぶ際には

やりたいことから逆算して考えられないのであれば、

 

その仕事の延長線上には何があるか?

 

どんな自分になれるのか?

 

この視点から考えてみること。

 

もし今やりたいことや目的が明確にないのであれば、

このような基準で選ぶ方法も考えてみるのもアリだと思います。

 

私のように消極的な選択の仕方で失敗するくらいなら、

自分で選ぶ。という軸をしっかりと持ったことによる失敗であれば

必ず次に活かそうという気持ちになれます。

 

ブラック企業に転職して失敗した理由④転職について心の内側で感じている不安や疑問を軽視していた

 

これは一言で言えば”見える化”しよう。

ということです。

 

不安や疑問に思うことは、

頭の中だけで整理しようとしても、

どうしても解決へと結び付けにくいものです。

 

でも、これを文字にしてみる。

頭の中だけでなく、視覚からも捉えること。

 

時には声に出して耳からも自分に取り入れてみることで、

 

「じゃあどうすればいいのか?」

 

という答えは見つけ出しやすくなります。

 

私の場合は、このようなこともせずにいたことで、

転職前も、転職してからも

毎日モヤモヤした状態が続いていました。

 

当然自信を持って物事に取り組めるはずもありません。

 

見える化・明確化をせずに、

なんとなーーーくのままで進めることで

より一層ただただ惰性のように流されてしまう意識は

強まっていきます。

 

それに仕事に対する自分の軸のようなものがなくなるので、

他人に依存するようになってしまいます。

 

「人間関係うまくやっていけるだろうか?」

「初めて取り組む業務はやっぱり心配だ…」

「新人に対するフォローはどれくらいのレベルでやってくれるんだろう?」

「長く続けられるかな…?」

 

こういった些細な心配事から、

より具体的な業務に関することまで

ちゃんと文字に起こして見てみなければ

 

「いや、だってそんなこと聞いてないし」

「そもそも俺はこんな仕事をするはずじゃ…」

 

こんな感じになんでもかんでも

内心では人のせいにしてしまうんです。

 

もちろん、

 

「私が悪いんだ。私に能力がないから…。

私が仕事できないから…」

 

みたいに自分を責め続ける必要はないですけど、

基本的には全て自分の選択の結果だ。

という主体性がないと、

 

自分の人生なのに、

 

・周りが

・環境が

・世の中が

・お金が

・時間が

 

って文句を垂れてる人と全く同じになってしまいます。

 

だから、逆に言えば

 

些細な不安も見える化して、

自分で認識・解消しておけば、

人や会社に振り回されずに自分の人生を送れる。

 

ってことですね。

 

ブラック企業に転職して失敗した理由⑤転職を考える中で相談できる人を作らなかった

 

ここまで挙げてきた項目もひっくるめて、

やっぱりここかな。って感じの項目です。

 

今ではインターネットでも

すごく多くの情報を調べることはできますが、

自分が調べたい事細かな情報までは

やはり人と直接話してみないとわからないものですよね。

 

別の言い方で言うと、

痒いところまで手が届く情報は

インターネット上でもたくさんあるけど、

そもそもどこが痒いかは人それぞれ。

 

しかも自分から調べる情報の他にも

 

自分では認識できてない・潜在的に自分が思ってることは

人と話していく中で

浮かび上がってきたりするものなんだと思います。

 

例えば、友達と話している中で

 

「あのさーこの前こういったことがあってさー」

 

↓話が進んでいく中で

 

「あっ!そうそう!そういえば〜」

 

こんな風に、頭の奥で眠っていたことが

会話の中で浮かび上がってくる感じです。

 

それに自分の頭の中の情報だけでは

転職に必要な情報はたかが知れてます。

 

「一人で抱え込まずに〜」

 

なんて相談系のサイトでも言ってることは

やはり間違いじゃないです。

 

友人に自分の悩みを打ち明けただけで、

相手に解決策を提示されなくても

なんだかスッキリして次に臨める。

 

なんてことだってあるじゃないですか。

 

だから、転職を考える際、

転職について気になり出した時点で

ぜひ対面で直接話をすることは

やった方がいいです。

 

今では転職エージェントという

転職まで、転職後もサポートしてくれる企業が

多くなってきました。

 

やはり使えるものは使い倒すべきですね。

 

私がブラック企業に転職した当時は

まだまだ20歳そこいらでしたので、

周りの多くはみんな学生でした。

 

だから、転職について相談しようにも

的を得た策が見つかるはずもなかったです。

 

なので、些細なことから、自分の人生レベルまで

 

「一人で抱え込まずに〜」

 

ってのをがっつり抱え込んでました。

 

これがブラック企業→引きこもりと

遠回りの時間を過ごした結果になっています。

 

だからこそ言えることとして、

自分にとって必要な情報を持っている人・機関には

ちゃんと力を貸してもらいましょう。

 

ブラック企業に転職して失敗した理由まとめ

 

ここまで私の失敗談を振り返って書いてきましたが、

改めて見てみると、全て

 

情報を持っている人に聞く。

 

ってところに落ち着くなぁ。

なんて思いましたね。

 

それをしていれば転職前の凡ミスは

まず間違いなく事前にクリアすることができたでしょう。

 

自分自身でも、

かなり遠回りしてしまったという後悔はあります。

 

でも、今はこうしてより良い環境で

仕事をすることができているので、

私としてはこれで良かった。と思っています。

 

ただ、

このような経験はしなくてもいい経験だとも思います。

 

わざわざ自分から

 

「ブラック企業で働く経験もあった方がいいし、

あっ。それに引きこもりも経験した方がいいな」

 

なんて思う人まずいないじゃないですか。

 

当然、避けられるものは避けてしまうに

越したことはないわけです。

 

そのためにも情報持ちの人には頼ってみるべきです。

 

いくら「自己分析をする」「自分と向き合う」

ってやっていたって

周りからの視点じゃないと

気付けない自分の強みがあったりもしますからね。

 

では、一通りおさらいすると

 

・勧められるがままに決めてしまった

・会社や業界のことをよく調べなかった

・転職先での目的がなかった・作らなかった

・心の内側で感じている不安や疑問を軽視していた

・相談できる人を作らなかった

 

この逆のことをやればいいって感じですね。

 

こちらの動画では今回の内容をガッツリ話してます。


ということで、今回は

私が20代でブラック企業に転職して失敗した経験から

「なぜ失敗したのか?」の理由を挙げてみました。

 

今回の内容を通して、

あなたが理想の転職を実現してもらえたら嬉しいです。

 

転職についてはこちらもぜひ参考にどうぞ!

→カテゴリ「転職について」

→転職についてのおすすめ書籍

→転職エージェントについて

=================

私は転職を機に180度人生を変えることができました。

働くことがこんなに楽しいと思えたことは初めてです。

 

と言っても、元々は

才能やセンスなし・人脈なし・学歴なし

こんな感じで地を這うように底辺を生きてきた人間です。

 

取り柄なんて何もありませんでした。

 

でも、そんな人間でも、自分にとってやりがいのある、

楽しい働き方、職場を選ぶことはを可能なんです。

 

「そんなの本当にできるのかよ?」

って思いますよね?

 

その気になる内容、より具体的な私の体験談はメルマガで話してます。

【下記画像をクリックしてより濃い内容を読んでみる】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です