なぜ期間工なの?目的や動機がないと将来ずっと出戻り・転々の生活を繰り返すやばいスパイラルになる

Pocket

こんにちは。セッキーです。

 

今回は、現在期間工で働いている人と話をして感じた

「目的の明確化の大切さ」について話していきたいと思います。

 

今回は私がこのブログを始めたこともあって、

知り合いを通じて、今現在期間工で働いている人と

直接会って話を聞いてきました。

 

この方は今現在40代前半の人。

 

元々は塗装とか板金関連の仕事をしていたそうです。

 

正社員として勤めていたこの会社では

社長のワンマンっぷりがあまりにも強く、

働く環境に疑問をもったのが理由で退職。

 

その後は期間工で働いて

全国各地を転々としているとのこと。

 

実際会って居酒屋で飲みながら話をしていたんですが、

割と気さくに話をされる方なので結構接しやすかったです。

 

そして、話していて率直に感じたこととしては

 

「なんでこんな人が期間工で働いてるんだろ?」

 

そう感じました。

 

というのもこの人、

私とは比べ物にならないような学歴があるし、

趣味とかも含めてめちゃめちゃ知識が豊富なんです。

 

大学は東京の有名なH大学出身。

 

学生時代から落語や文芸なども学ばれていて、

最近の趣味は世界各国のビールの飲み比べ。

 

生活環境も最低限の衣食住に必要なものと本以外

何も置いてないというミニマリズムの思想だったり。

 

社会学者の人たちの話なんか

 

「宮台真司さんは〜

あと小室直樹さんって人は〜

やっぱり三島由紀夫さんなんかは〜」

 

って話し出すと本当に嬉しそうに

一気にボルテージ上がってました。

 

延々と話し続けられそうな勢いでしたね。

 

期間工で全国を転々としているので

ビールについてはその土地度地のビールBarに通いつめて

 

「やっぱりクラフトビールの良さってのは〜」

 

と、どんだけ引き出しがあるのか

わからないくらいの情報量。

 

ついでに、全国各地のビールBarで

いろんな人とコミュニケーション取ったりして

 

「やっぱり大阪とか福岡の人は

コミュニケーション力高いですよ!

 

東京の人と比べると、全く嫌味感じさせずに

隣の席の人とコミュニケーション取り始めますからね!」

 

っていろんな土地の人とも関わりを持ってる。

 

「いや、あなた自身コミュ力高いだろw」

 

って思うほどでした。

 

小説から哲学書からビジネス書まで

いろんな本も読んでいるので

 

社会政治だったり、

学校教育についてだったり

社会人と学校での”頭の良さ”の違いだったり

 

こちらから質問すれば

なんでも答えられるような人。

 

話しててすごい楽しかったです。

 

でも、

 

これは私の感覚的になんですが、

話をしていてもなんだか

しっくりこないと言うか。

 

「で、どうしたいの?」

 

ってのが全然わからなかったんですね。

 

「年収なんて100万円あれば十分って話ありますけど、

私も物欲が全然ないんで、これホントそうだと思うんです!」

 

とか言いつつ

ある程度の収入は得られる期間工として働いていたり。

 

「結局学校教育って社会に出たら

なんの役にも立たないですからね」

 

とか言ってるにも関わらず

いろんな本を読んで知識を蓄えてるのに

何もそれを実際に使ってなかったり。

 

だから、私はこの人の”生き方”

みたいなものがわからなかったので、

 

「じゃあ〇〇さんはどんな生き方をしたい。とか

どういった状態が理想。とかあるんですか?」

 

って聞いてみました。

 

すると、ここでも

 

「今度は名古屋の期間工の仕事応募したんですよー。

そこは入社祝い金が多くて〜」

 

とか

 

「福岡とかホント住みやすいんで、

その次は福岡行きたいですね〜」

 

とか、質問の回答になってない感じ。

 

ん〜。

 

なんか宝の持ち腐れ感半端ないんですよね。。。

 

知識が豊富で、全国あちこち行ってるから

何かと経験もある。

 

そんなにバリバリ働かなくてもいいと考えてるのに

選ぶ仕事は

 

・週5日勤務

・ほぼ毎日のように1〜2時間の残業

・頻繁に土曜出勤

 

こんなのが当たり前の期間工。

 

私としては「むむむっ???????」

って感じでしたね。

 

なんとなくやってる。

なんとなく生きてる。

 

そんな感じです。

 

で、それと同時に

 

「やっぱり目的の明確化がないと、

周りに振り回される生き方しか

できなくなっちゃうんじゃないかな?」

 

ってことも思いました。

 

 

(期間工の人の目的のズレっていう話だとこれもそう

→節約をして泥沼にハマっていく期間工

 

 

この方めちゃめちゃ知識豊富なのに、

それってなんのために勉強してるのか?

 

せっかくその知識があるんだから

期間工って働き方じゃなくて、

もっと活かせる働き方あるんじゃないのかな?

 

その方がこの人自身が幸せに生きれるんじゃないかな?

 

そんな風に思うんです。

 

だから、目的の明確化、ってことについては

以前から思ってたことなんですが、

今回この方と話していて改めて感じましたね。

 

例えば、私の場合は今現在も毎日何かしらの勉強をしたり、

いろんな人に会って情報や価値観を得たりしてます。

 

その目的は「それを実際に使うため」です。

 

仕事や生活、人間関係に必要なことや、

使えるようにした方が良くなると思うから勉強するわけです。

 

それとは逆にこの方の場合、言ってみれば

 

「超名刀を持ってるのに、なぜかずっと懐に入れたまま。

いざ勝負って時も、なぜかその刀を抜かずに素手で戦ってる」

 

こんな感じです。

 

せっかくの伝家の宝刀なのにもったいないなぁ。

と、私が悔しくなるくらいでした。

 

むしろその脳みそを俺にくれ!と。

 

 

これについてはこの動画も参考になると思います


私が思うに、一昔前、

昭和の時代だったら目的の明確化なんて

考えなくてもよかったのかもしれません。

 

でも、今の時代では必要不可欠だと思います。

 

というのも、

昔と今では”情報の量”が圧倒的に違います。

 

昔は一般的な生活の中ではテレビや新聞が情報源でした。

 

そのテレビ番組や新聞も一企業が作っていて、

作る目的は当然利益を出すためです。

 

なので、利益をより生み出せるようにするためにも

情報には操作が加わってます。

 

でも今は良くも悪くもインターネットでどんな情報でも得られます。

自分から得られる情報を選択することが可能です。

 

だから、より正しい情報や知識を得るためには

テレビや新聞のように受動的に情報を得るのではなく

能動的に”選択”しなければなりません。

 

じゃあどうやって選択すれば良いのか?

 

何を基準に選択すればいいのか?

 

それが先ほど話した”目的”です。

 

 

・自分はどう生きて生きたいのか?

 

・自分はどんな状態(在り方)だったら幸せだと思うのか?

 

 

こういった軸がなければ、

仕事もただただやらされている感になってしまったり、

 

そもそもやりがいなんてものは見つかりませんし、

自分で生み出すこともできません。

 

この辺のことは、実際に仕事をしてきた中で

 

「ただなんとなく過ごしてしまった」

「なんとなく選んでしまった」

 

そうやって後悔したことって

小さなことなら誰しもが経験してると思うんですね。

 

だからこそ、これからは後悔しないように

目的を明確にしましょう。

 

目的がなくて見つけたい!

って人にはこの内容なんか参考になると思います。

→超簡単!やりたいことを見つける方法は”アレ”を感じたとき。

 

 

ちなみに私の場合は

 

・自分が得た経験、知識を教えることで、

相手がどんどん成長していく姿を見るのが幸せ。

 

・そのためにも、日々自分が成長する必要がある

 

こういった大元の目的・軸があるので、

楽しい・大変。両方含めて今仕事に充実感を感じてます。

 

目的を持てば、

自分の人生に対する責任感も生まれてきます。

 

そして責任感が生まれてくれば

能動的・主体性を持って

何事にも取り組めるようになります。

 

ってことは必然的に自分で自分の人生を

コントロールできるようになるってことですね。

 

私も人や環境に振り回されて、

それを周りのせいにして生きたくないですからね。

 

そのためにも目的をハッキリさせること。

 

わからないのであれば、

目的を見つけるのが目的。って感じで

見つけるための”行動”をしましょう。

 

ってことで今回は「目的の明確化の大切さ」について話しました。

 

=================

私は転職を機に180度人生を変えることができました。

働くことがこんなに楽しいと思えたことは初めてです。

 

と言っても、元々は

才能やセンスなし・人脈なし・学歴なし

こんな感じで地を這うように底辺を生きてきた人間です。

 

取り柄なんて何もありませんでした。

 

でも、そんな人間でも、自分にとってやりがいのある、

楽しい働き方、職場を選ぶことはを可能なんです。

 

「そんなの本当にできるのかよ?」

って思いますよね?

 

その気になる内容、より具体的な私の体験談はメルマガで話してます。

【下記画像をクリックしてより濃い内容を読んでみる】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です