肉体労働が大変・将来の不安があるなら絶対早めに頭脳労働へのシフトチェンジを始めること

Pocket

どうも、セッキーです。

 

今日は私が肉体労働の仕事から知的・頭脳労働の仕事に転職して

感じたことについて話していこうと思います。

 

今回の内容を通して、ご自分の今後の働き方を

少しでも考えるきっかけにしてもらえたら幸いです。

 

 

では早速初めていきますね。

 

 

 

まず大前提なんですけど、私の考えとして

肉体労働系の仕事はこれからの時代を考えた上では、

ハッキリ言ってオススメしません。

 

 

こう断言してるのも何も絵空事の話ではなく、

私自身の実体験からも感じてることです。

 

 

詳しくは私のプロフィールでも詳しく話してます。

→第7章 期間工・期間従業員として新たな生活のスタート

 

 

で、今回私が何が言いたいのかというと、

 

 

40代、50代、60代になっても

肉体を酷使する働き方を続けられるのか?

 

と言うことです。

 

 

つい先日の話ですが、現在の首相の安倍総理から

「70歳に定年引き上げ」の話が発表されました。

 

 

少子化の現在。

 

20代30代の私たちが高齢になった時には

年金制度もどうなるか不明確。

 

 

 

そういった背景からも、

働けるやつはいつまでも働き続けろ。

と言ってるようなものです。

 

 

おそらく今後年金受給年齢もどんどん引き上げられて行くでしょう。

 

 

そんなこれからの時代、

今まで以上に高齢になってからも働き続けなければいけなくなる時代で、

中高年になってまで肉体労働を続けられるか?

 

 

 

そう考えたら、私としては不安しかないです。

 

 

 

実際私も2交代で日中・深夜の仕事を繰り返してました。

 

当時は20代でまだまだ肉体的にも活発に動ける年齢です。

 

 

だからあまり自分の体の変化を気にすることはありませんでした。

 

 

 

これはどのような仕事でも同じことですが、

新しい環境で仕事を始めた頃は何かと緊張感を持ち続けられます。

 

 

だからあまり肉体的疲労とか感じたりすることもないです。

 

 

ですが、これが1ヶ月、3ヶ月、半年、1年と続くと…

 

間違いなく体への負担はかかっていました。

 

 

 

なんとなく朝起きるのがどんどんしんどくなる。

 

仕事中の疲労感、眠気。

これが日増しに大きくなる。

 

 

確実に体力は失われていたわけです。

 

 

 

当時は仕事から帰ってくると毎日のようにお酒を飲んでました。

 

これも体への負担に拍車をかけていたのだと思います。

 

 

だから仕事以外のことを考えたり、

自分自身と真剣に向き合うこともなくなっていきました。

 

 

こうなると、毎日毎日体力回復に追われて、

まともに向き合って考えることが面倒になるんですよね。

 

でも、仕事は毎日全く何も変化のない仕事。

 

 

 

よく言われる「メリハリ」なんてものはないです。

 

 

だから今日をないがしろにしても、

明日も同じ毎日が繰り返される。

 

 

完全に思考停止の状態でも目先の生活は維持されるんです。

 

 

これ、マジで危険です。

 

 

 

と言うのも、肉体労働系の仕事は

 

”その場でしか活かすことのできない能力”が大半。

 

あったとしても同じ肉体労働系の仕事です。

 

ゆえに体を酷使しなければ収入が得られないような仕事しか選べなくなります。

 

 

さらにそれに追い打ちをかけるように、

今後は今まで以上に肉体労働系の仕事は機械に移り変わります。

 

 

 

あとあとになって転職を考えても厳しい。

→知的労働・頭脳労働系の仕事に転職しようとしても

30代以降になれば”経験”で判断されます。

 

 

 

選択肢はどんどんなくなっていくということです。

 

 

 

ちなみに、最近仕事終わりや休みの日に色々な人にお会いして

飲みにいったりする機会が多いのですが、

その帰り、夜も遅い時間になって目にする光景があります。

 

 

工事現場の作業着姿、

ガードマンの姿をした中高年の方々の姿です。

 

 

人通りの多い道路工事等は深夜に始まります。

 

 

いわゆる「夜勤」です。

 

 

その人たちの多くが

私よりもひと回りもふた回りも年齢が上に見える人ばかり。

 

休憩時間だったのか

自動販売機の隣にあるゴミ箱が溢れかえってるような場所の近くで

腰をかけて一服している姿は毎日のように目にします。

 

 

過去の私が何も考えずに工場勤務を続け、

機械の発達によって万が一仕事がなくなってしまったら、

きっとこの工事現場の方々と同じような人生になっていたでしょう。

 

 

このような環境で働いている人に対して云々ということではなく、

その”働き方”はどうなのか?ということです。

 

 

私の場合、自分の意思で肉体労働から抜け出せたかというと

正直そうではありませんでした。

 

 

たまたま働いていた職場の中年の期間工(期間従業員)の人の現状を見て

危機感を持ち転職へと動き出せました。

 

 

もともと引きこもったりした経験もあって、

一般的な人よりも一層危機感・このままの働き方をした場合の

将来への恐怖を感じたからというのもあります。

 

 

ただ、きっかけなんてものはなんでもよくて、

結論として20代のうちに転職をしていてよかったです。

 

 

まず何と言っても体力面、

体への負担が少ないので、仕事以外の時間で様々なことに

アクティブに行動できます。

 

 

なので先ほども話したように様々な人に会いに行ったりできます。

 

 

そこで得た新たな価値観や情報は知識となり

さらに自分の能力を高めることができます。

 

コミュニケーション能力もうなぎのぼり。

 

そして能力が高まれば当然仕事の結果にも結びつきます。

 

 

 

それに新たな価値観に触れるってことは

色々な業界の情報も得られます。

 

故に自分がこれからどのように働いていくのが

自分にとって一番いいのかの思考の幅も広げられます。

 

→選択肢を増やせるってのが私としては一番大きいかな。

 

 

だから肉体的にボロボロになって動けなくなる。

ってことはなくなるので

今後定年制度がどんどん引き上げられたとしても

まだまだバリバリ仕事できます。

 

 

 

露頭に迷う。ってことがなくなるのは

安心感は肉体労働の比じゃないですね。

 

 

この好循環のサイクルになれば、過去の私が自分に抱いていた

 

「こんな自分なんて…」

「結局俺なんか…」

「どうせ俺の人生…」

 

なんてネガティブの連鎖がなくなっていくんですよね。

 

日々の生活で感じる将来への不安は

やっぱり少ないに越したことはないですから。

 

なのでもし過去の私と同じように肉体労働系の仕事をしていて、

思考停止状態の毎日を過ごしている場合であれば、

いつもブログで言ってるように本当にちょっとしたことでOK。

 

 

日々の中でちょっとした変化を起こしてみることをオススメします。

 

 

例えば、パソコンのスキルが全然ない。なんて場合であれば

まずタイピング(文字入力)の練習をするだけでもいいですよね。

 

”タイピング 練習”とかで検索すれば

無料で使えるツールはいくらでもあります。

 

そんな些細なことでも今までやったことないのであれば、

それは相当大きな1歩です。

 

仕事のスキルだけじゃなく、

小さな行動を積み重ねていくことは

自分に自信を付けることにも間違いなくつながりますから。

 

 

さらに言えばパソコン自体持ってない。

なんて人もいると思います。

 

 

それであれば、いきなり何か大きなことをやろうとする必要は全くなくて、

「とりあえずパソコン買う」

これだけでも十分なアクションです。

 

パソコンってはっきり言って

別に10万とか20万とかするものはいらないですから。

 

中古で売ってる2万・3万円のものとかで十分です。

 

最初から気合いれて高いものとかいきなり買っても

その気合は早々持続するのも難しいので、

最初は極力ハードル下げるといいです。

 

 

ちなみに、

中古のパソコンを買う費用も今は…

という場合であれば、

すぐにその費用を準備できる方法もあります。

→超簡単!!資格取得費用の準備は隙間時間でパパッと完了!

 

 

あと、もし「もっと具体的に仕事に活かせる能力を身に付けたい」

と思ったら、その方法はこちらの記事で紹介してるので読んでみてください。

→「株式会社逸材は君だ」はやりたいことがない・キャリアアップを考える人には最強の転職エージェントだった

 

 

とにかくまずなんでもいいんです。

とりあえずで今までと違う行動をしてみる。

 

 

 

これが今後の社会で生き残っていく、

豊かな生活を実現するための必須事項です。

 

 

中高年になってから後悔する。

そんな人生まっぴらだ!

 

 

 

と今思ってるのであれば、

今から少しずつ初めてみてくださいね。

 

 

 

間違いなく人生変わりますから。

 

 

中高年になってからも仕事以外の時間を

充実した生活にしていきましょう!

 

 

私も小さなことからなんでもやってみるようにしてます。

 

 

 

ということで、今回の話をまとめると

 

・定年引き上げになっていく今後を考えると肉体労働は危険。

・年齢が若いうちから知的・頭脳労働への転換を考えること

・とにかく小さなことから今までと違う行動をとってみる。

 

こんな感じです。

 

では、今回は私が肉体労働の仕事から

知的・頭脳労働の仕事に転職して

感じたことについて話しました。

 

肉体労働系の仕事をしている中で

少しでも将来のことが心配に思っているのであれば、

できることから始めてみてくださいね!

 

=================

私は転職を機に180度人生を変えることができました。

働くことがこんなに楽しいと思えたことは初めてです。

 

と言っても、元々は

才能やセンスなし・人脈なし・学歴なし

こんな感じで地を這うように底辺を生きてきた人間です。

 

取り柄なんて何もありませんでした。

 

でも、そんな人間でも、自分にとってやりがいのある、

楽しい働き方、職場を選ぶことはを可能なんです。

 

「そんなの本当にできるのかよ?」

って思いますよね?

 

その気になる内容、より具体的な私の体験談はメルマガで話してます。

【下記画像をクリックしてより濃い内容を読んでみる】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です