節約をして泥沼にハマっていく期間工

Pocket

どーも。

セッキーです!

 

 

今日は、期間工時代に一緒に働いている人と

久しぶりに会った時の話をしていきたいと思います。

 

 

先日その人から久しぶりに連絡があったので、

仕事終わりに食事をご馳走になってきました。

 

ちなみに私の期間工時代についてはこちらをどうぞ

→期間工・期間従業員として新たな生活のスタート

 

 

この人は当時30代中盤だっだので、現在だと40ちょっとの人。

 

 

何やら今後の仕事について悩んでいたようです。

 

 

久しぶりに会ったのですが、

当時と比べて明らかに顔が疲れきってました。

 

 

で色々と今後についての話とか、

転職云々とかの相談に乗ったりしていたんですけど、

話の中で一番私が引っかかったことがあったんです。

 

 

「本当に使うべきところのお金をケチって節約することのリスク」

 

 

これは正直言って相当ヤバイな。

って話を聞いていて感じました。

 

 

これはどういったことかというと、

期間工って

 

・すぐに働ける

・ある程度の高収入が得られる(上限はほぼ決まってますが)

・住居関連も会社(派遣会社も含めて)が用意してくれる

 

こういった利点があります。

 

 

ただ、その反面

 

・ライン作業で、肉体労働がメイン

・2年11ヶ月の期間限定の仕事

 

と、目先のことを追う人以外は

将来的にも結構シビアに考えなければ

いけないことがあるんです。

 

体力系の仕事のなので、慣れがあるとはいえ

年齢を重ねれば重ねるほど、疲れは大きくなります。

 

今回会った人も、その労働の疲れを感じているようで

私に相談しにきました。

 

 

ただ、話を聞いている中で

私としては????ってなることがあったんです。

 

 

 

というのも、その人は職場まで徒歩で通勤していました。

 

これは私が知り合った当初から変わっていません。

 

 

で、今の職場までは寮から歩いて40〜50分もかかるとのこと。

 

もちろんその途中にはバスも通っていますし、

寮の近くに駅があって、

そこから職場への直通のバスも出ているそうです。

 

 

なので、

「なんでバス使わないんですか?」

 

と聞くと。

 

「いやー。バス代が浮くんでねー。

バス使わなくても会社から

交通費が出るんで節約してるんですよ」

 

 

と言うことだそうで。。。

 

 

 

これを聞いて一瞬「はっ??」と思いました。

 

言ってること矛盾してないか?と。

 

疲れるのが辛くなって、転職とかを考えているのにも関わらず、

なぜわざわざ40〜50分も歩いて職場を往復しているのか?

 

 

しかも聞いてみると、バス代は往復でも400円。

 

ひと月20日勤務と考えても8000円です。

 

 

しかもちゃんとその交通費も

給料とは別で支給されているんです。

 

その8000円を節約(出し渋る)するために、

自分から体力を消耗しに行っている。

 

私にはそんな風に思えたんです。

 

 

だって、期間工経験してきたからわかりますけど、

仕事終わりに40〜50分歩くなんて、相当体力削られます。

 

こんなこと毎日続けてたら、

家についてグッタリ。

 

あとは寝るだけ。

 

さらに休みの日も寝るだけ。

 

 

 

そりゃそうなるわ。って感じです。

 

 

 

それに体力だけじゃないです。

 

徒歩で40〜50分の距離なら、

バスで行けば10分とかそんなもんです。

 

バスから歩いて自宅まで5分としたって15分。

 

その差は25分〜35分も生まれます。

 

 

 

何気なく感じるかもしれませんが

この時間の差って、相当デカいです。

 

 

 

朝なんか30分も寝られたら相当楽ですよね。

 

帰宅した後に約30分あれば、今後のことを考えたり、

何か勉強したり、転職のことを調べたりだってできます。

 

 

私と初めて会ったのが、もう7〜8年くらい前の話ですから、

これを当時からやってれば

知識とか経験とか能力とか相当上がってます絶対。

 

 

 

それで転職してれば、

期間工の収入なんてまず速攻で超えられてたでしょう。

 

 

労働時間が少なくなってるのに、収入が上がっている。

 

こんな構図が今頃出来上がっていたはずです。

 

 

 

それが、8000円の交通費を出し渋った結果がこれです。

 

私からしたら、こんなの節約でもなんでもありません。

 

 

 

むしろ損失だと思います。

 

 

 

このような状態で私に相談しにきたところで、

もうすでに40代。

 

もちろんなんとか応援したい気持ちはあるんですが、

10年以上も期間工で働いていて、

今から転職って、もう厳しいんじゃないか…。

 

と正直思いました。

 

 

 

なので、もうこの日は

「頑張ってください」

 

って当たり障りのないことしか言えなかったです。

 

 

 

 

私は、今回の件を通して

本当の節約ってなんなのか?考えてみました。

 

本当の節約って

「無駄なものにお金を使わない」

ってことだと私は思うんです。

 

それが、この人の場合は、

節約・節約って言ってやっていることは

人生レベルで言ったら大損害のことでした。

 

疲れた毎日を手に入れて、

未来の収入を上げるためのことを捨てていたわけです。

 

だって、さっきも言いましたけど、

8000円使うことによって、時間も体力も作れるんですよ?

 

 

8000円なんてはした金だ。なんて思いませんが、

ちゃんと使えばメチャメチャ楽できるじゃないですか。

 

 

そして浮いた時間や体力は、

自分の人生をより良くする。

自分の能力を高めることに充てられる。

 

結果良い仕事に転職できたりして、

さらに収入も時間も増える。

 

 

 

月々8000円で求める未来を実現できるなら、

これって超超超お買い得商品ですよこれ。

 

 

 

節約って大事だけど、節約に捉われるんじゃなくて、

逆に収入も時間も増やせる方法があるのであれば

誰だって増やしたいですよね?

 

 

最近は”ミニマリスト”って

最小限の生活みたいなものが流行ってますけど、

いろんなものを手に入れられる収入と時間があれば

そりゃあるに越したことはないと思ってます。

 

 

自分の欲に嘘ついて生きるのなんて絶対嫌ですから。

 

 

そのために勉強したりっていう過程も

人生をより良くするためのスパイスです。

 

収入増えたり、時間が増えると良いですやっぱり。

 

 

美味しいもの食べられるし、

体力も失わないから、週末もあちこち行って楽しいし、

 

 

 

男性ならやっぱり異性にモテるし

 

 

質の良い生活環境や勉強だってできるようになります。

 

 

 

なので、今回私が言いたかったことは、

 

節約するのは大事だけど、

本当に自分にとって必要・大事なことなら

ちゃんとお金を使おうね。

 

そうすれば、節約気にしなくて良いほど

収入も、時間も、体力も作れるよ。

 

という話です。

 

 

これは「今自分にとって何が大事か?」

という優先順位の付け方とも言えると思います。

 

なので、優先順位については別記事でも書いてみたので、

ぜひこちらを参考にしてみてください。

→優先順位がつけられれば、人生いくらでも変えていけるよ。って話

 

 

あと、工場勤務・期間工として働いている人にとっては

こちらのカテゴリなんかも参考になるかと思います。

→カテゴリ「期間工・工場」

=================

私は転職を機に180度人生を変えることができました。

働くことがこんなに楽しいと思えたことは初めてです。

 

と言っても、元々は

才能やセンスなし・人脈なし・学歴なし

こんな感じで地を這うように底辺を生きてきた人間です。

 

取り柄なんて何もありませんでした。

 

でも、そんな人間でも、自分にとってやりがいのある、

楽しい働き方、職場を選ぶことはを可能なんです。

 

「そんなの本当にできるのかよ?」

って思いますよね?

 

その気になる内容、より具体的な私の体験談はメルマガで話してます。

【下記画像をクリックしてより濃い内容を読んでみる】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です