期間工・工場の仕事で「一週間すぎるのが早い」と感じたらマジで危険サイン

Pocket

あー。。。

 

早く週末にならないかなー。。。

 

ってかよくよく考えたら

寧ろ一週間終わるの早くね??

 

 

 

どうも、セッキーです。

 

今日は、時間。

ということについて考えていきたいと思います。

 

今回の話、ちゃんと認識しておかないと、

 

 

マジで人生損します。

 

 

読んでて、「やっべ俺!!」って思ったら、

それ、危険サインです。

 

ってことで始めていきます。

 

時間が早く過ぎるのがもったいないと思った

 

最近は、毎日仕事をしながらも、

それ以外の場でいろんな人に会いに行ったり、

こうしてブログ書いたりしてます。

 

その中で今回のテーマのように、

 

「先週もあっという間に過ぎてったなぁー」

 

なんてことを私もここ最近ふと思ったんですよね。

 

以前に期間工で働いてた時も

同じような感覚を感じたことはあったんですけど、

最近も感じるようになりました。

 

(私の期間工時代の話はこちらでしてます。

期間工・期間従業員として新たな生活のスタート

 

ちょっと調べてみたんですが

人間の脳の仕組みからして、歳をとればとるほど、

時間ってのは短く感じるようにできてるみたいです。

 

 

んー。

そう言われると確かに。。

 

 

5歳の子の1年と

50歳の人の1年じゃ

1/5と1/50の差があるわけで、

 

どんなに同じ時間だろうと、

”時間の感じ方”は違うってことです。

 

で、またふと思いました。

 

 

「ってことは、これから年取っていけば

もっともっと時間をあっという間に

感じるようになるってこと?」

 

 

 

マジでやべーなコレ…

 

 

 

30超えてんのに、

このままいったらあっという間に40。

 

んで40になったら音速レベルで50

 

んで50になったら光の速さレベルで60…

 

 

私も引きこもってた頃のこととかがつい先日のことのように感じてます。

 

 

でも、その20歳前後の頃からすでに10年以上経ってます。

この10年の歳月が流れてるなんて実感ないです。

 

 

だから、歳をとれば取るほど時間が短く感じるってことを踏まえると

これから10年後。20年後なんてあっという間に来てしまいそうです。。

 

 

ってことはですよ。

まだまだ!って20代の感覚で過ごしてたら、

いつの間にかオッサン!?

 

 

 

ヤバイな…

 

 

なんかすんごい怖くなってきました。

 

だから

もっともっと今できることあるよな?

 

って焦りを感じます。

 

期間工の時もあとあと振り返ると一週間があっという間だった

 

期間工で働いていた時は、

正直毎日毎日退屈で、

 

 

「早く終わんねーかな」

 

「休憩まであと何分だよ…」

 

 

なんて風に仕事中思ってました。

 

 

週末早く来ねぇーかなぁ。。。

 

 

って感じです。

 

で、いざその週末が来ても、

ダラダラ休んで酒飲んで、

 

でふと気がつけばまた月曜。

 

このサイクルがあっとういう間に過ぎていて、

気がつけば1週間、1ヶ月…

 

3ヶ月なんて本っ当に一瞬に過ぎてましたね。

”あとあとになって振り返ると”です。

 

まぁ。でもこれ仕方ないんですよね。

 

毎日同じ時間に職場行って

毎日同じ仕事

毎回同じ作業を延々と繰り返す

そして毎日同じような時間に帰宅する。

 

毎日同じように飯食って風呂入って

スマホ見てゲームしてテレビ見て

 

このループ。

 

この繰り返しって、

脳みそが勝手に

 

「これ毎回同じだから、

わざわざ容量使って記憶しておく必要なくね?」

 

って新規保存じゃなくて上書きしちゃってたんです。

 

だから、中身の濃い時間なんて感覚はなく、

終わってみたらスッカスカの思い出。

 

なのにその分の時間はかなり使ってる。

 

だから時間があっという間に感じてたんですね

 

時間が過ぎるのが早いと感じる人の傾向

 

ここまで書いてきたなかで挙げられる、

時間が過ぎるのが早いと感じる人の傾向は

 

・毎日同じことの繰り返ししかない人

・ゆえに変化を嫌う人

・自分に対して諦めがある

・ゆえに周りを妬む

・何かを取り入れることはできるけど、それを活用しない

(勉強するけど、その勉強で得た知識を実際に行動に移さない)

 

期間工時代の私もそうでしたが

こんな傾向があるんじゃないかな。って思います。

 

じゃあ、このような状態から、

いかにして時間を有効活用するか?

 

期間工や工場で働いている場合は、

いかにして仕事以外の時間を有効利用するか?

 

その方法をいくつか挙げていきます。

 

より時間を有効活用する方法

 

時間活用法①普段とちょっとだけ違うことをする

 

そもそも時間が過ぎるのが早いと感じるのは

毎回同じことのルーティンだからって話は先ほどしました。

 

であれば、毎回同じことの繰り返しの中に、

普段とはちょっとだけ違うこと、新しいことをやってみるといいです。

 

これは超簡単なことからでOK。

 

毎日スマホのニュースで芸能やスポーツばかり見てる人なら、

1記事だけ経済のニュース読んでみるとか、

 

スマホゲームばっかりやってるって人なら、

「5分間ゲーム我慢チャレンジ」と称して

スマホをちょっとだけ離れた場所に置いてみるとかw

 

私も期間工から転職した頃は

仕事の帰り道を毎回違う道を通る。

とかよくやってましたね。

 

ちなみに私は音楽好きなんですが

、同じように音楽好きの人なら

全く聞かないジャンルの曲を1曲聞いてみるとか。

 

とにかく普段とはちょっと違うこと、

ずーっと同じルーティンにアクセントをつけてみる、

変化を起こしてみることから始めてました。

 

 

そうすると、この辺は感覚値の部分なんですが

仕事のこととか新しい人との出会いとかに対して

だんだんと抵抗感がなくなっていったんです。

 

 

好奇心もどんどん大きくなって

アクティブに動けるようになっていきました。

 

 

そのサイクルにどんどんのめり込むうちに

仕事だって柔軟な発想から

 

「もう少しこうやってみよう」

「まぁこれ失敗したとしてもやらないよりはいいな」

 

なんて思えるようになってきたりして。

 

既存の方法とは違うことを取り入れることによって

はるかに営業の手段は増えましたし、

その分知識も増えて、顧客への価値提供は増すばかりです。

 

 

些細なことの積み重ねが結果に繋がるんだってことを実感してます。

 

 

時間活用法②時間を細かく区切る・細分化する

 

工場の仕事の場合、

仕事中はほぼ自分で時間を

コントロールすることができません。

 

なので、自分の時間といえば

間違いなく就業以外しかないです。

 

ってことは、その時間をいかに自分のために、

自分の人生・時間をより濃く使えるかにかかってます。

 

ただ、そんなこと言ったって、

一気に1日で100個も200個も何かするなんて不可能。

 

だから、やるべきこと、自分がやろうとしていることがあれば

とことん細かく区切ってしまった方がいいです。

 

例えば、私の場合は、

毎日心理学やらマーケティングやら、

マネジメントやら何かしらの勉強をしているのですが、

 

あれこれ全部を一気にやろうとしたところでまず無理!

 

だから1項目25分。

と決めて、タイマーを使って勉強します。

 

スマホならアラームとか使うのもありですね。

 

パソコンを使っているなら

そういったタイマーアプリとかあるんで、

導入してわかりやすい目安を設けてます。

 

 

これ、やるとわかるんですが画面に時間が表示されるんで、

時間に対する意識がすんごい高まるんです。

 

やろう!

やっってやる!

 

って思ってても物事進まない時って、

どうしてもそのやろうとしていることを

1回で全てやろうと大きくしがちになってたんですよね。

 

 

だから、目の前の行動

 

これ”だけ”をやる。

 

ってことまで細かくして、

やる時はそれ”だけ”しかやらない。

 

その方が気軽に、フットワーク軽く行動に移せるようになってます。

 

ゆえに自分で言うのも何ですが進歩が早いと感じてます。

 

 

そして細かく区切る。ってのができたら、

次はその各項目についての優先順位を決めること。

 

それはこちらで話してます。

→優先順位がつけられれば、人生いくらでも変えていけるよ。って話

 

 

時間活用法③普段と違う人と接する

 

時間が過ぎるのが早い。。。

なんか超もったいないないと感じてしまう。

 

そんな人は自分1人だけじゃないです。

 

めちゃめちゃ多いです。

 

なので、同じように感じている人、

特に自分が普段関わってない人たちとの集まりや

情報に触れてみるようにすると

 

めちゃめちゃ世界観広がります。

 

同じような悩みを共有できたり。

 

違う業種ならそれぞれの働き方や

その仕事特有のこと。

 

色々触れられます。

 

最近は学生のサークルみたいに

大人でも「〇〇サークル」とかありますよね。

 

これは対面でもインターネット上でも。

 

そういった場を活用してみると

グッと時間を有効に使えている感覚を味わえます。

 

私も最近交流会みたいなものに

よく行くようになったんですが、

 

中には10代の人とかもいて、

かなり刺激を受けますね。

 

年下から学ぶこともたくさんあったりするので、

普段の全く変化のない日常が一転できます。

 

「ディズニーランド行くと魔法にかかったみたい」

っていう人いるじゃないですか?

 

私としては、色々な人に会うのってそんな感じなんです。

 

 

ただの交流会なら、

普通に話聞いて、自分のこともちょっと話す。

 

この程度です。

 

それだけでも、普段と違う人と会って

普段とは違う世界の話を聞ける。

 

 

当然ありきたりな日常と比べて濃さが全然違います。

 

例えば転職とか考えているのであれば、

新しい情報・その業種の現場のリアルな話などが

聞けたりするので、すんごいチャンスですよね。

 

まとめ

 

ここまで書いてきて、

やっぱり、何より大事なのは時間なんだなぁ。

って改めて自分でも思います。

 

よく中年の人たちが

 

「若いうちはもっと遊んで置いた方がいい」

とか

「まだ若いんだから、まだまだなんでもできる」

とか言うじゃないですか?

 

あれって、ただその人が

後悔してることを言ってるだけなんですよね。

 

工場で何十年と働いている人とか特に。

 

それって

 

職場の家の往復。

休み=疲労回復のみ。

 

みたいなことを延々と繰り返してきた結果です。

 

確かに同じことをずーっと繰り返してきたことは

すごいことなのかもしれません。

 

でも、私はそんな生き方したくないです。

 

だって、

まだまだ自分の知らないような人たちがいて、

まだまだ知らないような働き方があって

まだまだ知らないような生き方がある。

 

色んなものに触れてみて、

初めて自分にはこれだ!って言えるものが

見つかるんじゃないのかな?って思います。

 

要は、

1番大事なのは時間。

 

その時間を無駄に使って、

ちっさい、狭い価値観だけで生きるのはもったいないし、

自分を苦しくさせてしまう。

 

ってことです。

 

で、気づけば年取って、

年取っていくごとに時間が過ぎるのが

どんどん早く感じるわけでしょ?

 

そんな年の取り方嫌ですもん。

 

もし同じように感じるのでしたら、

先ほど紹介した時間の有効活用法を

自分のできるところから始めるってのはオススメですね。

 

 

ってことで、今回は「時間」

と言うテーマで話してきました。

 

私の期間工時代の後悔も書いてます。

→たった10分が圧倒的な差になる。私がマジで後悔している期間工時代のこと

=================

私は転職を機に180度人生を変えることができました。

働くことがこんなに楽しいと思えたことは初めてです。

 

と言っても、元々は

才能やセンスなし・人脈なし・学歴なし

こんな感じで地を這うように底辺を生きてきた人間です。

 

取り柄なんて何もありませんでした。

 

でも、そんな人間でも、自分にとってやりがいのある、

楽しい働き方、職場を選ぶことはを可能なんです。

 

「そんなの本当にできるのかよ?」

って思いますよね?

 

その気になる内容、より具体的な私の体験談はメルマガで話してます。

【下記画像をクリックしてより濃い内容を読んでみる】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です