自分の現状を素直に受け入れる大切さ。たった100円で感動を生み出した話

Pocket

どうも、セッキーです。

 

 

今回は、先日私が行ってきたセミナーで、

思わず唸ってしまうほどに感動した出来事を話していきたいと思います。

 

 

 

 

行ってきたセミナーってのは

仕事に対する考え方についてのセミナー。

 

 

どんなに小手先のテクニックで営業などをしようとも、

結局は根本にあるマインド=仕事に対する考え方がしっかりしてないと、

安定的に成績を上げ続けることはできないよ。って話などです。

 

 

 

で、そのセミナーの話はまた別で話そうかな。と思うんですが、

今回はそのセミナーの会場で起こった出来事について。

 

ちなみにそのセミナーは超少人数制で、

全員で8名。

 

講師は私が以前から尊敬している方でファンも多く、

参加した方のほとんどがその方目当てでの参加でした。

 

 

で、その会場で何が起こったかというと、

参加された方のほとんどが講師のファンだってこともあって、

みんなこぞってプレゼントを差し出すんです。

 

 

仕事の合間を縫って参加した私は、その光景を見て、

 

 

「やっぱりこういう会に参加される人って、みんな気遣いがすごいな〜」

 

なんて感心して見ていました。

 

 

せっかくファンの講師のセミナーに参加するんですし、

しかも全員に目が行き届くような少人数制。

 

セミナーの内容はもちろんですが、

自分のことを知ってもらおうと、あれこれ考えて差し出すプレゼント。

 

 

これだけでも参加者の方々の意識の高さを感じられましたし、

私含めて参加者同士での交流もあり、

めちゃめちゃ刺激のある時間でした。

 

 

 

 

と。これだけでも十分感動するような出来事です。

 

 

 

 

ですが、

 

この感動をさらに上回る感動を生み出した強者がいたんです。

 

 

 

 

しかもたった100円程度の紙袋1枚で!

 

 

 

それは、みんなが一通りプレゼントを渡し終わったあとに起きました。

 

 

 

それぞれのプレゼントを受け取った講師の方は、

何やら困惑した様子。

 

 

というのも、講師の方が持っていたのはビジネスバック1つ。

 

そのバックにはパソコンや資料等が入っていて

受け取ったプレゼントを入れる余裕がありません。

 

プレゼントを貰うことに関してはすごく喜んでいたのですが、

帰路の際に手荷物がすごく多くなってしまい、

どうやって持って帰ろうかに悩んでいたんです。

 

 

「んーどうやって持って行こう…?」

 

 

その瞬間、

1人の参加者の男性がおもむろにバックからゴソゴソと取り出したものは…

 

 

 

 

なんと紙袋です!

 

 

「多分こういうこともあるんじゃないかと思って、

少し大きめの袋持ってきたんで使ってください」

 

 

受け取った講師の人の表情は

一瞬にして安堵感に変わりました。

 

 

 

私を含めてこの光景を見ていた参加者の方々は

完全にあっけにとられた表情。

 

全員がまさに「1本とられたー!!」といった様子でしたね。

 

 

 

ファンの多い講師ですから、ある程度値の張るプレゼントは

これまでにもたくさん貰ってきたことでしょう。

 

今回受け取られていたプレゼントも

きっとある程度値段のするものだったはずです。

 

 

ですが、たった100円程度の紙袋1枚で、

この感動を遥かに上回ったんです。

 

 

 

いやー。。。

 

今回紙袋を差し出した男性のように、

こういうのさりげなくできる男性って本当にカッコいいですよね。

 

 

ましてやそれが女性に対してこんな気配りできたら、

そりゃもう女性は気にならずにはいられないでしょう。

 

 

この行為は、きっとこの男性も計算でやってたと思います。

 

あれこれと先を読んで、どうすれば相手に喜んでもらえるか?

 

何か見返りを考えてやった行動かもしれません。

 

 

なので私がこの出来事を見て最初に思ったことを正直に言うと、

 

 

「あざとい…」

 

 

そんな風に思っていました。

 

 

というのも、もともと私自身の性格はかなり生真面目で、

曲がった事が苦手というか嫌い。

 

計算高く何かをやる人に対して

「姑息な…」

なんて思う人間でした。

 

わけのわからない正義感のようなものがあって、

今回の出来事は最初受け入れがたいものだったんです。

 

 

全くもって無意味なプライドが発動してたが故に

受け入れにくい状態になっていた。という感じです。

 

 

 

でもですよ。

 

 

見返りがどうとか関係なく

今回講師の方は喜び、感動してます。

 

 

これが何にも代えがたい現実・事実です。

 

 

感情的に受け入れられなかったとしても

事実は事実ですから、

側で見ていた私は素直に受け入れるしかありません。

 

 

そりゃー悔しいですよ。

 

「姑息」なんて思ってる気持ちの裏側には

「こんなに人を感動させることができるなんて、羨ましい…」

って思ってるんですから。

 

 

でもひがんでたって何も始まりません。

 

こういったときは素直に受け入れることができた者の勝ち。

 

素直にすごいと認めて、

そこから学ぶ。自分でもやってみる。

 

これができる人が自分が得たいものを得られるんだということを

今回の出来事を通して思い知りました。

 

 

それと、今でこそ最初は卑屈に考えても今回の出来事のように、

すぐに切り替えて吸収しようとできるようになった私ですが、

以前は

 

「けっ!そんな計算でやったって、

中身が伴ってなかったら意味ないんだよ」

 

なんてひがんで終わってました。

 

だから、相手に気に入られる機会をみすみす手放してたんです。

 

チャンスを棒に振ってたわけです。

 

 

勿体無いですね。。。

 

今まで何を無駄なことしてたんだろ。。。。。

 

残念な野郎ですねまったく。

 

 

だから、それに気付けている今は、

いくら最初は感情的に反発しようとも、

スパッと切り替えて素直に受け入れる。

 

良いものは良いと認める。

 

そうやって毎回自分に言い聞かせながら学び、実践してます。

 

こうやって素直に認めて実践することについては

恋愛なんか特に同じことが言えます。

 

愛=気持ちではなく「動詞」とよく言われてるのを

聞いたことがある人もいると思います。

 

これは今回のように相手のことを考えて実際に行動に移すこと。

それこそが「愛」というものの表現方法だ。ってことです。

 

なのに、ただ「姑息な」とか

わけのわからない嫉妬心で受け入れずに行動せず、

みすみす自らチャンスを棒にふる。

 

そんな人を尻目に、

やってる人は素直に受け入れて実践してます。

 

 

だから、女性に対して実際に行動に移せる人がモテるのは当然ですよね。

 

女性からガツガツなんてなかなか行けないですもん。

 

 

なので、もし今回のセミナーでの出来事のようなことを目撃したら、

変な正義感とかプライドなんて取っ払って、

その瞬間から即パクるべきなんです。

 

私のこのブログでは仕事や転職などについて書いてますけど、

仕事だって、転職の時の面接だってみんな一緒。

 

相手の想像を超えるような”価値”を提供する

相手は喜び、感動する。

その結果何か商品を購入したり、契約を申し込む。

自分の評価が上がり、待遇が良くなる。

 

こういったことって、

日常の中でもよーく目を凝らせばいくらでもあります。

 

計算だろうと、あざとかろうと、

相手が喜ぶことをやって、

その対価として何かを得ることができる。

 

 

「見せ方」ってものすごく大事だってことです。

 

だから改めてですが、

変なプライドなんて持ってたって無駄。

 

今すぐ捨てて、素直になって全部吸収してしまいましょう!

 

自分ができてないことをできてる人がいたら

あれこれ言わずにまずパクる。

 

それができる人が、仕事でも恋愛でも

自分が得たいもの(人)を手にすることができます。

 

これは意識をするかしないかの違いだけなので、

今この瞬間から変えられることです。

 

今までの自分が無意味なプライドにしがみついてる。

なんて思ったら早速変えてみることが必須です。

 

周りに対する接し方が変われば、

きっと周りからの見られ方も一気に変わります!

 

ということで今回は、

先日行ってきたセミナーで超感動した出来事。

 

そしてその出来事を通して、改めて「素直さ」って大事だな。

と気付かされたという件についてお伝えしました!

 

ちなみに、素直に良いものを良いと受け入れて行動することで

得られるメリットの話はこちらでも紹介してます。

→超簡単!!資格取得費用の準備は隙間時間でパパッと完了!

 

 

 

んー。。

こうやって振り返ると、

さりげなく紙袋を差し出したあの人…

 

カッコよかったなぁ、、、

 

ではでは

 

=================

私は転職を機に180度人生を変えることができました。

働くことがこんなに楽しいと思えたことは初めてです。

 

と言っても、元々は

才能やセンスなし・人脈なし・学歴なし

こんな感じで地を這うように底辺を生きてきた人間です。

 

取り柄なんて何もありませんでした。

 

でも、そんな人間でも、自分にとってやりがいのある、

楽しい働き方、職場を選ぶことはを可能なんです。

 

「そんなの本当にできるのかよ?」

って思いますよね?

 

その気になる内容、より具体的な私の体験談はメルマガで話してます。

【下記画像をクリックしてより濃い内容を読んでみる】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です