理想の未来を得たい・自分を変えたいと思うなら知っておきたい1つの考え方

Pocket

このままの働き方を続ける未来には

 

何の希望も持てなかった。

 

怖くなった。

 

だから私は今の環境を捨てることにした。。。

 

 

 

こんにちは。セッキーです!

 

今日は、理想の未来を得るために

必ず知っておきたい考え方があるので、

紹介していきたいと思います。

 

突然ですが「トレードオフ」って言葉

聞いたことありますか?

 

断言しますが、これを認識しておかないと

 

・実現したいことがある

・変わりたい

・もっといい環境で働きたい

・人間関係を良くしたい

 

こういったもの。

 

何も得られません。

 

逆に言えば、この概念を知っておけば、

自分の理想の未来は手に入るってことです。

 

ちなみに、トレードオフってどういう意味よ?

ってことをざっくり言うと

 

”一方を得るためには他のものを

犠牲にする必要がある状態や関係”

 

ってことです。

 

世の中の目に見える物でも見えないものでも、

ほぼ全ての物事は

このトレードオフって考え方で成り立ってます。

 

わかりやすい例で言えば飲食店の場合。

 

お客側は飲食店行って食事すればお金払いますよね?

 

そしてお店側はお金をもらうことで

料理やサービスを提供します。

 

要はお金という価値と、

料理やサービスという価値の交換。

 

何かを差し出すことによって、

両者の得たいものが手に入るってことです。

 

他にも、目に見えないものの例で言えば人間関係、

 

お互いの信頼度・親密度を高めるためには

自分のことを相手に知ってもらう必要があります。

 

その内容が濃ければ濃いほど、相手も

 

「この人は私に心をオープンにして打ち明けてくれてる」

 

って安心感が強くなって、

お互いの関係も深くなるわけです。

 

仕事だってそう。

 

自分の労働や自分の持ってるスキルを

価値として会社に提供することで

私たちは会社から給料をもらってます。

 

ですが!

 

ですが、このトレードオフって考えが

いざ転職の話ってなると、

どうしても抜けてしまう人が少なくないです。

 

・今の環境から変わってしまうのは…

・一緒に働いてきた人たちと…

・給料が…

 

(期間工の人は3つ目なんか特に強く思ってます)

 

でも…

 

ここで働き続けるのはもういやだ!

 

 

どうすればいいんだぁぁぁーー!!!!ぁぁぁぁぁ…

 

 

確かにこんな感じで迷ってしまいますよね。

 

私も20代のうちに2回転職

(期間工も含めると3回)してますけど、

 

どうしても今までの環境が

失われるのは怖く感じてしまうものでした。

 

がしかーし!です。

 

期間工の時なんかは特にそうですが、

働く期間が3年ってルールや

仕事上何も能力や経験が身につかない。

 

こんな働き方を20代のうちからやっていって

自分に将来なんてあるのか?

 

やっぱり怖くなりました。

 

その当時の働き方の延長線上には

自分が毎日充実して過ごしている姿が見えませんでした。

 

だから、その職場で働くことを”捨てました”

 

そして転職しました。

 

確かに怖かったですし、

20代にしては結構良い給料をもらえなくなるのは

後ろ髪引かれる思いです。

 

でも、自分の未来を得るために”捨てた”んです。

 

だって、

 

もっと実りある生活をしたかったし

もっと良い環境で働きたかったし

 

何より自分を変えたかった。

 

それにこれって”捨てた”んですけど、

見方を変えれば、ある意味

 

「未来の自分に対する投資」

 

だと思うんですね。

 

 

これがトレードオフって考え方です。

 

さっきの飲食店の例でもありますけど、

 

「お腹すいたから食べ物ちょうだーい」

 

って言ったところでお金払わなければ

ただの食い逃げじゃないですか?

 

欲しい欲しいと言って祈ってるだけじゃ

お金も現実も降ってはこないです。

 

私自身がそんなバカなことやってました。

→引き寄せの法則をやめたら人生変わった

 

今の仕事だって、

その仕事を続けたまま

新しい仕事をはめ込むほどの

余地は当然ありません。

 

どちらかを選択しなければ

先はないってことです。

 

今は2人に1人が転職を経験する時代です。

 

大企業に勤めていても

その後に転職するって人もいます。

 

そんな「終身雇用神話」がブチ壊れていることを

知っているはずなのに、

 

大企業に勤めていることにあぐらをかいて

何もスキルや経験は特段何もない。

 

そのままズルズル気がつけば10年。

 

「もうイヤイヤになってきたから転職を…」

 

そうなってから他の職探しをしたところで、

やっぱり他の企業から「欲しい」

と手を上げてくれるような人間にはなれません。

 

なので、

 

・やりがい?

・やりたいこと?

・充実感?

・得たいもの?

・実現したいこと?

 

こういったものがあるのであれば

まさに今回のトレードオフの考え方。

 

まず自分が何を捨てられるのか?

何を手放せるのか?から考えてみるべきです。

 

20代のうちであれば特に。

 

20代で何か専門性のあることを

身につけておかなければ

その能力を活かした

30代以降の経験値も積めなくなります。

 

だから、20代のうちに

自分の強みや特性を生かした

専門性を身につけること。

 

そして、その後の経験値を積めば、

一つの業種だけでなく

様々な業種でも活かせるようになります。

 

ゆえに、あちこちから

「あなたの力をうちの会社で発揮して欲しい!」

と企業側から欲しがられる存在になれます。

 

それに、改めて言うんですけど、

 

”捨てること=未来の自分に対する投資”です。

 

ただその辺にポイッて捨てただけじゃなくて、

その先に得られるもののために捨てるんです。

 

なので、

もし今の働く環境に悩んでいるのであれば、

未来の自分のために捨てましょう!

 

悩んでる時点で、

仕事も自分自身も今の状態から変わりたい!

って向上心がまだまだある証拠ですからね。

 

動画でも話してみました。


自分に対する投資って話で言えばこちらでも話してます

→FXよりもビットコインよりも最強だと思う投資案件

 

 

ってことで、今回は理想の未来を得るための考え方。

”トレードオフ”についての話でした。

 

=================

私は転職を機に180度人生を変えることができました。

働くことがこんなに楽しいと思えたことは初めてです。

 

と言っても、元々は

才能やセンスなし・人脈なし・学歴なし

こんな感じで地を這うように底辺を生きてきた人間です。

 

取り柄なんて何もありませんでした。

 

でも、そんな人間でも、自分にとってやりがいのある、

楽しい働き方、職場を選ぶことはを可能なんです。

 

「そんなの本当にできるのかよ?」

って思いますよね?

 

その気になる内容、より具体的な私の体験談はメルマガで話してます。

【下記画像をクリックしてより濃い内容を読んでみる】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です