転職に向けて自分の強みの見つけ方がわからない人がやるべき3つの方法(無料自己分析・診断テストもあるよ)

Pocket

 

ども!セッキーです。

 

今回の内容は「自分の強み」について!

 

 

 

転職を考えているけど、

 

・自分の強みがないと思っている。

・自分の強みがわからない。

 

そんなあなたの背中を押すきっかけになれたら嬉しいです。

 

 

各項目それぞれをやるって感じじゃなくて、

具体的に強みを見つけ出せるように

一つ一つステップにしているので是非参考にしてみてくださいね!

 

 

 

 

転職を考えたらなぜ自分の強みを見つける必要があるのか?

 

最初に、そもそもの前提として

 

「なんで強みを知る必要があるの?」

 

って人もいると思うので、説明すると、

 

まず転職の時に企業に

自分をアピールするってのはもちろんなんですが、

 

自分の強みを理解しておかないと、

 

・どうすれば自分にとってやりがいのある仕事を

見つけることができるのか?

 

・自分にとって適した働き方ってなんなのか?

 

これが見つからないんですよね。

 

だから、自分の強みがわかってないと、

どれだけ転職に成功しようが、

実際に働いてみたら全然自分に合わない。。

 

だからすぐさままた転職。

 

なんてことが起こりうるんです。

 

せっかくいろんな情報を集めて、

対策を練って受かることができたのに。

 

これじゃそもそも転職する意味を見失ってしまいますよね。

 

だから、

企業にアピールする=どう見られるか?の視点とは別で、

自分に合った企業を見つけるって意味でも

自分の強みを見つけることって、めっちゃ大事なんです。

 

私自身も、今こうして営業職で

マネージャーとして働き続けられているのも、

 

自分の強みとマッチしているからこその結果です。

 

なので、あなたも

 

これから面接を受ける企業に対しても、

そして自分の働く環境を良くするためにも

 

しっかりと自分の強みを見つけてもらえたらと思います。

 

そこで、具体的に自分の強みを見つける方法、

ステップは全部で3段階

 

・ツールを使う

 ↓

・周りの声に耳を傾ける

 ↓

・希望の企業と結びつける

 

 

この3つの順番でやることで、

「これが自分の強みだ!」

って自分でも認識することができて、

それが自身にもつながっていきます。

 

あと番外編として

弱み・短所から強みを見つける。

 

って方法もあるので、それも説明していきますね。

 

自分の強みの見つけ方①無料自己分析・診断テストのツールを使う

 

まず最初に絶対にやって欲しいのがコレ。

 

なんで?って?

 

例えば、一般的な大手転職サイトとかだと、

いきなり「自分が今まで頑張ったことを思い出しましょう」

とか教えてるんですけど、

 

そもそも自分の強みを知りたい人って、

 

・それが自分で頑張ったことだって思っていいのか?

 

・企業にアピールできる程のこととしていいのか?

 

「これがわからないからサイトとかで調べてるんだろーが!」

 

ってなると思うんです。

 

それ以外にも、

 

「思い出せって言ったってそもそも思い出せんわ!」

 

って場合だってあります。

 

そんな時には、何かしらの指標というか

基準になることが必要ですよね?

 

昨日何食べましたか?

って質問に答えているうちに、

 

「あ!そういえば昨日は他にもこんなことがあって〜」

 

みたいに色々思い出すことがあるように、

まず何かしら思い出すキッカケになる素材があった方が

記憶も辿っていきやすいです。

 

なので、

 

 

・アピールしていいのかの判断基準。

 

・思い出しやすいようにする。

 

 

こういう点からも、

まずは客観的な分析が先なんです。

 

ってことで自分の特徴、特性を

データで見れるようなツールで、

まずは診断してみましょう。

 

自己分析ツールはインターネットで探せば

色々なものがでてくるんですけど、

 

私が特に良いと思ったのはコレです

強み診断ツール『VIA-IS』

 

 

このサイトは元が英語なので

ちょっとわかりづらいんですが、

日本語表記の仕方の説明も書いてあるので、

その手順で行えばOKです。

 

で、このツールの何が良いのかというと、

 

強みとして項目が24種類に分けられていて、

質問に答えて行くことで、

自分の 強みがランキング形式でわかるようになってます。

 

質問自体も適当にその辺で作られたようなものではなく

ポジティブ心理学の第一人者の人たちが作ったものなので、

かなり正確性が高い診断結果が得られます。

 

ちなみに私がやった診断結果のトップ5がこれです。

ん〜。

 

リーダシップなんか特に今の働き方に合ってますね。

 

思慮深さとか、

元々石橋を叩いて叩いて

叩き割るくらい慎重な正確だったので

これがある意味私の強みでもあるわけです。

 

各項目についての解説もあるので、

これも参考になりますよ。

 

 

こんな感じで診断結果を基にすれば、

 

客観的に出た自分の強みから、

 

「そういえばこの項目に当てはまることだと…」

 

って本当に自分の強みになっている特性で

その特性について頑張ったことや

経験が思い出せるようになるってわけです。

 

なのでまず最初に

客観的なデータを出すことを先にやりましょう!

診断はこちら↓

強み診断ツール『VIA-IS』

 

自分の強みの見つけ方②周りの人に教えてもらう

 

先ほどのツールでは、

自分で質問に答えて導き出した強みですが、

 

今度は”周りの人から見た自分の強み”

に対しても知っておくといいです。

 

なぜなら、

自分自身で認識している強みと

周りから見た自分の強みとは違う場合があるから。

 

それに、自分では当たり前だと思ってたことでも

周りから見たら、それが自分の才能だった。

 

なんてこともあります。

 

なので、周りの友人知人。

現在の職場の人などに聞いてみましょう。

 

「聞くの恥ずかしい」って人もいるので、

そんな人の場合は、

 

”今までどんな風に褒められたか?”

 

これを思い出す。

 

っとここでも先ほどの診断ツールが生きてきますね。

 

診断結果を基にして記憶を辿る。

そうすると、別の記憶も呼び起こされる。

 

例えば私の場合、先ほどの診断結果の1位

リーダーシップについての記憶を辿ると…

 

部下との定期個別面談をしていた時。

 

「セッキーさんは最後まで話聞いたうえで

指摘してくれるので、私もちゃんと納得できます」

 

ってことが今ふと思い出しました。

 

自分のこと言うのも恥ずかしいですが、

これって「聞き上手」ってことだと思うんです。

 

上司になると、

なぜか勝手に自分の経験則だけで判断して、

部下の考えを遮って指摘する人が結構多いです。

 

そんな中で聞き上手が発揮されれば、

それこそ他の上司にはない私の強みになります。

 

こんな感じで、

周りからどんなことを褒められたか?

 

この記憶を辿ってみてください。

 

自分の強みの見つけ方③希望の業界・企業や仕事内容と関連付ける

 

ここまで、自分の強みを見つけ出す方法について挙げてきましたが

そもそもとして、

 

・その強みが生かされる仕事か?

 

・企業側から見て、

その強みは会社にとってメリットとなり得るのか?

 

ここが繋がってないと、

会社にとっても、自分にとっても

強みをアピールする意味がなくなっちゃいます。

 

例えば、

事務関係の募集に対して

 

「私の強みは創造性がある」

 

なんて言ったところで、

 

「いやいや、そんなことよりも

データをちゃんとまとめてくれたり

手際よく仕事をこなしてくれる人を求めてるんだが…」

 

みたいな感じになるわけです。

 

不採用街道一直線です。

 

なので、

今一度1つ目に挙げたツールから出た診断を基に

 

この企業にとって求めるものは何か?

 

を考えるようにしてみてください。

 

自分にとって働きやすい職場に転職するために

会社にとって求める業務を遂行する期待に応えるために。

 

「自分の強みはこの会社にどんな良い影響を与えられるのか?」

 

結びつけてみましょう。

 

番外編 弱み・短所から自分の強みを見つける方法

 

ここまで挙げてきたステップを踏んでも

 

「ん〜…なかなか見つからん!」

 

って人もいると思うので、

ここでは少し違った視点から

強みを見つける方法を紹介します。

 

これは、結論から言うと、

 

”短所を真逆の視点から捉える”

 

ってことです。

 

例えば、以前の私であれば、

未来に対して卑屈になって考えてしまうような正確でした。

 

何事にも未来に対してネガティブに考えやすかったんです。

 

でも、これって視点を変えて見てみると

 

”現実的に物事を見れる特性がある”

 

って意味にも繋がってきますね。

 

他にも

 

飽き性→いろいろなことに興味を持つ。好奇心がある。

 

思い切った行動が取れない→一つ一つ慎重に物事を進めていく。

 

周りの目を気にする→洞察力がある

 

みたいにつなげることだってできます。

 

どんなことも表裏一体。

坂道も、上から見たら下り坂だし、下から見たら上り坂。

 

どの視点から見るかで同じことでも全然違う。

 

ってことですね。

 

なので、

 

「強み・長所なんてなかなか見つかんねぇぞおいぃぃぃーーー!」

 

って悩んでる人の場合、

逆の弱み・短所だと思ってることは

バンバン出てくると思うので、

 

その弱み・短所を洗い出して

地球の裏側から見るような感じで考えてみましょう。

 

これなら、言い方次第でいくらでも自分の強みは見出せます。

 

転職に向けて自分の強みの見つけ方がわからない人がやるべき3つの方法まとめ

 

ってことで、ここまで

「自分の強みを見つける3ステップ+番外編」

として話してきました。

 

いくら「自分の強みをアピールしましょう!」

って言われたって、

いきなりやったところで

なかなか見つからないものですよね。

 

そんな時には今回挙げた方法でやると

1からあれこれ考えるよりも、断然見つけ出しやすくなります。

 

それに、自分の強みを見出していくことって

 

「俺ってこんな良い面もあったのか〜」

 

って自信にも繋がってくるんですよね。

 

だってそもそもとして、

自分に自信がないからこそ、今こうしてこの記事を読んで

強みを見出す方法を探しているわけですから。

 

なので自分に自信を持つためにも、

今回のステップを踏んで、

自分にとって、企業にとって有益となる強みを

バンバン見出していってもらえたら幸いです。

 

当たり前ですけど、

強みを見出すことができれば

転職にだって間違いなく有利に働きます。

 

強みを見つけることで、

お互いに、WIN-WINの関係になれるので、

 

自分にとってやりがいのある環境、

会社にとってもメリットとなる人材。

 

そもそもの転職する意味・目的が果たせるようになります!

 

改めて流れを振り返ると

 

 

・ツールを使う

 ↓

・周りの声に耳を傾ける

 ↓

・希望の企業と結びつける

 

 

この3ステップでOKです!

 

 

ちなみに別の方法も見つけたので記事に書きました。

「自分の市場価値はどれくらいか?」の予測年収が算出できます。

→【無料適正年収診断テスト】転職に失敗したくない人は自分の市場価値を測定するべし!

 

 

また、別の視点でも強みについて話してみました。

こちらも参考にどうぞ。


ってことで今回は

自分の強みの見つけ方について話してきました。

 

 

 

今回の内容以外にも転職の際に参考になるものをまとめてます

気になるものからどうぞ。

→「面接官の心を操れ!無敵の就職心理戦略感想」悪いことは言わない。転職するなら必読書だ!

→転職エージェント「株式会社逸材は君だ」の社長とお会いしてきました!

→私が20代でブラック企業に転職して失敗した理由

→転職回数が気になる。そんなあなたに勇気を与える情報がここにはある

→「今の会社を辞めても本当に大丈夫なのか…?」この考えは幻想にすぎない件

→考え方一つで働き方は180度変わる!転職活動は今の職場からすでに始まっている。

=================

私は転職を機に180度人生を変えることができました。

働くことがこんなに楽しいと思えたことは初めてです。

 

と言っても、元々は

才能やセンスなし・人脈なし・学歴なし

こんな感じで地を這うように底辺を生きてきた人間です。

 

取り柄なんて何もありませんでした。

 

でも、そんな人間でも、自分にとってやりがいのある、

楽しい働き方、職場を選ぶことはを可能なんです。

 

「そんなの本当にできるのかよ?」

って思いますよね?

 

その気になる内容、より具体的な私の体験談はメルマガで話してます。

【下記画像をクリックしてより濃い内容を読んでみる】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です